東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 東京都内でも増えつつある家族葬をする際のポイント

東京都内でも増えつつある家族葬をする際のポイント


どんな別れにしたいか



大切な人が亡くなった後のお葬式は、これから先も生きていく上で非常に大切な儀式なのですが、自分たちが準備をしなければならないときは、想像以上にやらなければならないことが多く、ゆっくり悲しんでもいられません。そのせいで気持ちの整理がつかないままになってしまったという方も多く、そうした結果にならないよう、もっと最後のお別れを大事にしたいと考える方が増えてきました。そういった方に注目されているのが家族葬と呼ばれるお葬式のスタイルです。準備もほとんど行わず、最後のお別れの時間を家族だけで静かに過ごすことができます。

家族葬を行うかどうかは、どんな別れにしたいかで決めるのが一番です。実際参列者を集めて大々的に行ったほうが、亡くなった方も満足できるお葬式にできるだろうと考える方は多いですし、そうした考え方も大切なものです。ですが慣習などを気にして望んでいないお別れをするよりも、自分たちの考えを優先して、小規模な葬儀を行うことが、これからの生活を始める上で、一つの転機になると考える方が多いのも事実です。そうした方の声を聞いて、専用プランを用意する葬儀社も増えています。

家族葬は最後のお別れを家族のみで行えるだけでなく、小規模な分予算を削減できるというメリットもあります。東京都内は斎場が少なく、民間の斎場は料金が高く設定されていますので、経済的な負担を最小限に抑えたいと考える方も少なくありません。実際問題、今までとは大きく生活環境が変わることを考えると、経済的な負担は少ないに越したことはないので、将来の生活を意識したお葬式を準備するのも一つの選択肢として頭の片隅に入れておくといいでしょう。お葬式の準備には余り時間を割けないので、どんなお葬式にするべきか、本人の希望はあるのかどうかを事前に考えておくのもいいです。



利用できるプランがあるか



亡くなった方との最後のお別れの場であるお葬式ですが、東京都内には斎場が少なく、時期によっては予約が取れないことも多いといいます。そうした中で注目を集めてきているのが、省スペースでも行うことができる家族葬で、家族だけで葬儀を行うことで、斎場を確保することができなくてもお葬式を行うことができます。更に葬儀の準備に時間を取られることもなく、最後のお別れを落ち着いた気持ちで過ごすことができると、徐々に人気を集めるようになってきました。同時に、葬儀社でも積極的に新しいプランとして家族葬を導入するようになってきています。

家族葬を行いたいときには、専用のプランを用意している葬儀社を探す必要があります。規模こそ小さいものの、祭壇や棺など、普通のお葬式と変わらない形式で行うので、それらをまとめて用意することができるプランがあると、よりスムーズに準備が行えます。更にプラン内容によって、より費用を抑えられますので、経済的な負担を可能な限り減らしたいときは、どの程度プラン内容を変更することで費用を減らすことができるのかを確認してみましょう。

家族葬は参列する方がいないので、広い斎場を確保する必要がなく、余裕を持って準備を進めることができます。東京都内では葬儀をしたくてもできず、遺体の保存のための費用が大きな負担になることも多いため、斎場を確保できないときの予備案として利用したいと考える方も見られます。その場合、参列を希望している方の希望を叶えられないこともあります。今後の人間関係についても考えて、どのスタイルで葬儀を行うか、よく考えてからプランを決定するようにしましょう。



費用がどの程度かかるか



東京都内で葬儀を行う場合、どういったプランで葬儀を行うかによって、必要となる予算に大きな差が出てきます。同じ葬儀でも祭壇や棺のグレードで料金は大きく変わります。使用する斎場も、公営であれば料金は非常に安くなりますが、住んでいる地域によっては料金は値上がりしますし、そもそも予約が取れず、料金が高い民間の斎場を使う場合も有り得ます。経済的な負担をなるべく減らしたいときは、どうプラン内容を変更するか慎重に考える必要があります。例えば家族葬のように、一般的な葬儀とまったく違うプランを利用すると、大幅に負担を減らすことができるでしょう。

一般的な葬儀を行うためには、多くの人が集まることを想定して斎場をセッティングし、祭壇も斎場に合わせた大きなものを用意したりと、想像以上にお金を使うことになります。それに対して家族葬は、家族しか参列者がいない分、斎場のスペースも殆ど必要ありません。祭壇もより小さいものにしても問題ありませんし、それ以外にも削減できるポイントはたくさんあるので、経済的な負担を減らしたいときにも適しています。とはいえ必要となるものが数多くあるのは変わりないので、よりグレードの高い家族葬にした場合は、普通の葬儀とそう変わらない値段になるかもしれません。

葬儀による経済的な負担は決して小さいものではなく、家族葬のような小規模な葬儀を行いたいという方も多いですが、プラン内容によっては、たとえ規模が小さくても費用はそれなりの額が求められますし、参列者がいないため香典による補填も期待できないので、結果的にはそれほど負担が変わらなかったというケースも少なくありません。少しでも負担を抑えて葬儀を行いたいときは、一度社員に相談してみて、よりベストな方法を考えていきましょう。



相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。