東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 東京の葬式の服装について

東京の葬式の服装について

東京の葬式での服装は、失礼にならないよう気をつけることです。東京はファッションも自由な雰囲気はありますが、葬式には適した服というのがあります。基本的には喪服が良いとされていますが、学生であれば学生服の着用で構いません。東京での葬式も、地方とそれほど服については変わりがないことを理解しておくと良いです。社会人ともあれば、お付き合いも増えてきますから、大人の身だしなみとして、喪服を1着用意しておくと良いです。



遺族が喪に服しているといった意味合いを持つのが、喪服の意味になります。正式だと和装やモーニングがありますし、略式であれば、ブラックフォーマルや、ブラックスーツもあります。故人を偲ぶために、参列者は正装をしますから、礼服は略式のタイプを着て参列します。正式の喪服を持っている場合でも、参列者は正式の喪服は着用しないのが一般的なルールです。その理由としては、格が親族よりも上ということになるためです。



亡くなってすぐにあるのが、仮通夜になります。この仮通夜のときは、急な話ですから、不幸を耳にして駆けつけることもあります。そういった場合には、派手ではない地味な平服で問題はないです。とにかく急な事態であるため、逆にパーフェクトな喪服で出かけてしまうと、まるで不幸があることを予測したように取られてしまい、親族からしても複雑な心境となりますから、ここは臨機応変に平服で参列したほうが無難です。



告別式の前の日に行うのが、通屋の参列になります。個人と親しい付き合いがあった知人や友人、親族などが取り急ぎ駆けつけるのが通夜の意味するところでもあります。この場合は、告別式や葬儀と同様に考えて、着用するのはブラックフォーマルになります。男性はダークスーツを着用し、ネクタイはブラックか地味な柄を選びます。女性はブラックで無地のワンピースやスーツを着用して、ストッキングはブラックか、もしくは肌色にします。



告別式や葬儀では基本的に男性も女性も、ブラックフォーマルの着用になります。男性はブラックスーツで、タイプとしてはシングルでもダブルでも構いません。シャツはホワイトカラーで、ネクタイは無地のブラックを着用です。足元まで気を配り、ブラックの靴で、金具がないタイプを選びます。女性はブラックのワンピースや、スーツやアンサンブルです。女性の場合は靴とストッキングも、ブラックを着用するのが、基本的なマナーになります。


相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。