東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 東京の家族葬と一般の葬儀との違い

東京の家族葬と一般の葬儀との違い

東京で家族葬を行いたいという場合、この葬儀の形式と一般の葬儀との違いについて知っておくと良いでしょう。時代とともに葬儀の形式も少しずつ変わり、自宅や集会所ではなく葬儀会館などで葬儀を行うということも多くなっています。近年ではさまざまな事情から義理や付き合いを避けて葬儀を行いたいという人や、経済的な負担を抑えて行いたいという人が増えてきたのです。



そこで東京の葬儀社は葬儀の低価格化はもちろん、儀式内容や分かりやすい料金の設定を心がけ、消費者のニーズに合わせて生まれたのが家族葬という形式だとされています。家族葬とは一般には家族だけで行なものであり、密葬と同じものなのではないかと考えている人もいるかもしれません。しかし、密葬とはもともと本葬を行う前の葬儀のことであり、後日改めて通知を出すことになります。



最近では参列者を親族などに制限して行われる小規模な葬儀のことを密葬と呼ぶことも多いため、そういう意味では家族葬と密葬は同じものと考えても良いでしょう。しかし、家族葬は故人と家族が中心となって行うものであり、葬儀社が主導となって行う形式的な葬儀とは異なります。家族を中心とした人が社会的な儀礼に重きを置くのではなく、故人とのお別れを最も大切にしたスタイルの葬儀と言えるでしょう。



この葬儀は単に普通の葬儀の規模を小さくしたものではなく、最期の時間を愛する家族と一緒に過ごしたいという想いを形にしたものなのです。最近では家族葬を行う業者が多くなってきたのですが、葬儀は大切な儀式ですし、後悔してもやり直しができません。ちなみに、東京の葬儀社は事前の相談に対応していることも多いため、その時に内容をしっかりと確認して信頼できるところに任せると良いでしょう。



この葬儀は身内だけで執り行うことになるため、参列者への引き出物やお礼状などを用意する手間がかかりませんし、通常の葬儀と比べて費用を抑えることもできます。また、社葬のように体裁に気を遣う必要もなく、自由なスタイルで葬儀を行って故人を見送りたいという人にオススメです。



この形式では少人数で葬儀を行うということが特徴であり、会葬者に対する儀礼やおもてなしに費やす時間を減らすことができるため、故人や家族の想いを反映しやすいとも言えるでしょう。返礼品や料理の負担は少ないので全体の費用は軽減されますが、逆に受け取る香典も少ないので葬儀費用はほとんど遺族の負担となります。


相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。