東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 東京で葬儀をする際には事前に葬儀社を調べておくのが望ましい

東京で葬儀をする際には事前に葬儀社を調べておくのが望ましい


葬儀とは



近しい人が亡くなるというのはとても悲しいことです。そのため、どうしても死の場面に立ち会う機会は少なくしたいと思うものですし、そういったことについてあまり考えたくないと思うことも多くあります。しかし、最後の別れの場面だからこそ、正しくきちんと送ってあげたいものです。最近ではその形式も多様化していますから、可能であれば希望を聞いてそれに応えられるようにもしたいものです。



そもそも、お葬式についての知識というのはきちんと学ぶ場面がありません。そのため、言葉の違いやルール、マナーというものについてもほとんど分からないという人が多くいます。それとなくお葬式に参列しているということも多いです。自分が喪主や遺族となって送るときのためにも、誰か近しい人が亡くなってお葬式に参列するというときのためにも知識はきちんと身につけておきましょう。



まずは言葉の違いについてきちんと知らないという人がとても多くいます。通夜と葬儀、告別式という言葉があり、それぞれに意味が異なります。通夜は死者を葬る前に遺体のそばで過ごし、供養をしたり別れの時間を持ったりすることです。昔は夜通し行われたことが名前に由来しています。今は1時間から3時間程度で行われます。



それに対して葬儀は、故人の冥福を祈り死者を葬る儀式であり、僧侶が読経したり聖書を朗読したり、出棺や火葬をするのがこれに該当します。告別式は最後の別れを告げる儀式のことで、焼香や祈祷、献花がこれに該当しますが、最近では分けて行わず両方合わせて行うことが一般的です。このような言葉の違い以外にも、当日のマナーであったり会場の選び方であったりということも気をつける必要があり、事前に頭に入れておくべきことが色々とあります。





葬儀についての相談



日本では生前にどのようなお葬式をしたいかとか、誰を呼びたいか、というようなことを聞くことは不謹慎である思われがちです。どうしても生きている間にそういう話をすると、相手に気を悪くさせてしまうのではないかと考えがちになってしまいます。しかし、実際には亡くなってしまえば希望を聞くことができないのですから、故人の意志を尊重したお葬式にするためには、可能な限り生前のうちにこのような話をしておくことが望ましいでしょう。



最近では、お葬式と一言でいっても、従来のような形式だけでなく様々な形式が取られます。お墓についても散骨を希望したりご先祖様とは違うところに入りたいと希望したりと多様化をしています。それと同じように葬儀についても多様化しているのです。



費用を抑えることや、核家族化に伴って遺族への負担を減らすために規模を縮小して行うことが増えています。中でも家族のみで行う家族葬は件数が増えています。家族葬といっても家族のみで執り行うのか、限定して友人を呼ぶのかというのも人によって希望が違います。そこで、生前に可能な限り希望を聞いていくことが望ましいのです。



亡くなってからではあくまでも故人の意思を尊重しているつもりでも、予測であって本当に望んでいるかは分かりません。最後のお別れの場面ですから、可能な限り希望を汲んであげたいと思うものですし、希望通りに行わないと故人への感謝の気持ちが表せません。ですから事前にできるだけ相談をするということが望ましいのです。





東京で葬儀をするならば



東京都内でもお葬式をすることができる場所は色々とあります。家族葬であったり直葬であったりといった新しいタイプの式であっても対応をしてもらえるところもあります。そこで、お葬式の形態や希望があればそういったことに対応をしてもらえるところを探す必要があるのです。



やはり、自分の慣れ親しんだところで葬儀を行いたいという人も多いです。個人が高齢の場合には、友人も皆年齢が高くなりますから移動が難しい人も多くいます。そうすると参列したいのにできないという人もいますから、極力地元で行うことが望ましいとされています。



とはいえ、最近では病院で亡くなるという人が多いですから、その場合自宅から離れたところで亡くなることも増えています。距離が出てしまうと同じ東京都内でも斎場や自宅までの移動が必要となり、場合によっては受けてもらえないケースや追加費用が膨大にかかる場合が出てきてしまいます。そういったことについても事前に知っておけば葬儀社を選ぶときの参考になります。



事前にどういったお葬式をしたいのかという希望を聞いておくことのメリットは、亡くなってから慌てて準備をするのではなく、事前に希望を知った上で行動ができるために限られた時間の中でも可能な限り理想的なお葬式をすることができるということです。事前にプランや料金、サービス内容についても知ることができるので、安心して任せることもできますし、後からトラブルが起きることも回避できます。最後のお別れの場面だからこそ気持ちよく故人を送れるよう、スタッフの応対も事前に知っておきたいものですし、そういった機会を設けられる点でも事前のリサーチはとても大きな意味があります。







相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。