東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 東京で家族葬を執り行うためにチェックしておくべきこと

東京で家族葬を執り行うためにチェックしておくべきこと

近年増えてきた葬儀のスタイル



大事な家族が亡くなった際、どのような葬儀を挙げるかは非常に重要です。家族や親族はもちろん、友人などにも連絡して、大々的に執り行うのが一般的ではありますが、最近はもっと小さい規模の葬儀を行いたいと考える方も増えてきており、そうした方に家族葬が人気を集めるようになってきています。名前の通り家族だけで葬儀を行うので、大きな会場を抑える必要もなく、葬儀の準備の量が違ってくる分、心の余裕を持って、亡くなった方の死を受け入れる時間を作ることができます。

家族葬への需要が増えたことで、葬儀屋でも専用のコースを用意するようになってきています。東京都内は人が多く暮らしていることもあって、葬儀屋を利用する方も多く、最近では後期高齢化の影響もあって、葬儀の会場の予約が中々取れなくなっている地域もあるそうなので、自宅でも葬儀を行うことができる家族葬は非常にありがたい存在となりつつあります。更に予算を抑えたいときも、広い会場を抑えなくてもいいので、一般的な葬儀よりもはるかに少ない予算で葬儀を行えるなど、経済的な余裕がないご家庭にとってもありがたい葬儀として利用されています。

家族葬を依頼する際は、どの葬儀屋を利用するかが大切です。そもそも対応しているかどうかという問題もありますし、大抵の場合は複数のコースを用意しているので、それぞれの内容や予算も考慮して、どこを利用するか決めるようにしましょう。大事な家族が亡くなった直後に、葬儀に関する情報を集めるのはお辛いかと思いますが、これを人任せにして選んでしまうと、サービスの質が悪い葬儀屋を選んでしまったり、必要以上に予算をかけてしまうことになったりと、様々な弊害が発生するので、なるべく慎重に選ぶようにするか、本人が存命のうちに、ある程度候補を絞り込んでおくのもいいかもしれません。



予算が少なくても安心



家族が亡くなった際は、残された家族で葬儀の準備を進めていく必要がありますが、葬儀にかかる費用は決して安くはありません。大きな会場を借りて、多くの人を集め、香典返しや料理の準備、祭壇や花の種類など、他にも考えておくべきことがたくさんあるので、慎重に準備を進めていかなければなりません。そんな中人気を集めてきているのが、家族葬と呼ばれる葬儀で、家族だけで小規模な葬儀を行う分、予算を殆どかけずに葬儀を執り行うことができます。東京都内の葬儀屋でも採用しているところが多いので、候補の一つとして覚えておいて損はありません。

東京都内にはたくさんの葬儀屋がありますが、最近は後期高齢化の影響もあるのか、多くの方が葬儀屋に予約しており、会場を確保することができないケースも増えてきています。そのため利用している方がまだ少なく、場合によっては自宅を会場として利用できる家族葬を利用することで、待つことなく葬儀を始めることができるというメリットがあります。会場を借りる必要がなければ、予算も大幅に抑えることができるので、経済的な負担を抑えたい方には、ぴったりの葬儀といえます。予算面だけでなく、故人の意向や家族の思いにそった葬儀にすることもできます。残された家族が悲しみだけに暮れることなく、故人を笑顔で思い出してもらえるように、故人の趣味や遺品を置いたり、事前に用意した映像を流したりすることもできるでしょう。

しかしながら、やはり葬儀にかかる予算をなるべく抑えたいという方は、香典の存在を忘れないよう注意しましょう。一般葬の場合は会場の準備などが必要な分、どうしても予算がかかってしまいますが、その分大勢の人を呼ぶことで、多額の香典を受け取って、その分を予算に充てることができます。それに比べて家族葬は、予算こそ抑えることができますが、香典を受け取ることがない分、予算を補填するものが一切なく、全ての予算を自分たちで確保しなければなりません。どちらがいいかは状況次第で、参列者の人数がどれだけになりそうか判断した上で、よりよい方を考えて葬儀の形式を選択しましょう。



コースの選択でよりお得に



日本の首都である東京には、非常に多くの方が暮らしています。その分多くの人が亡くなる場所でもあり、毎日どこかで葬儀が執り行われていますが、東京都内の葬儀屋では、様々な葬儀を行えるよう様々なコースを用意しています。多くの人に連絡して、大々的な葬儀を行う一般葬はもちろん、最近は家族だけで静かに葬儀を行うことができる家族葬に人気が集まりつつあり、専用のコースを用意する葬儀屋も増えてきています。

家族葬は名前の通り家族だけで行う葬儀で、場合によっては親族も参列することになりますが、一般葬に比べるとはるかに規模は小さく、会場も非常に小さなもので問題ありませんし、場合によっては自宅で行うこともあるそうです。葬儀の内容については、利用している葬儀屋が用意しているコースによって選択することが可能になっているので、予算や参列者の人数など、様々な要素を考慮した上で、最も適した形の葬儀を開きましょう。

家族葬のコースの違いについては、利用する葬儀屋によって変わってきます。例えば祭壇の規模を大きくしたり、小さくしたり、素材の種類を予算に合わせて変えてみたり、飾る花のバリエーションを増減させたりと、希望に添って様々な葬儀にすることができます。中には火葬だけを行うコースもありますが、葬儀を行うことは、亡くなった方の死を受け入れる大事な時間でもあり、最後の別れの場でもあるので、家族だけでもしっかりと葬儀を行った方がいいでしょう。葬儀のコース内容の詳細は、公式サイトやパンフレットなどで紹介している葬儀屋が多いので、予めどういったコースがあるのかチェックしておくのもいいですね。




相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。