東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 東京で家族葬をお考えの皆様へ

東京で家族葬をお考えの皆様へ



年々増加傾向を見せる家族葬



時代と共に変化を見せ続ける住宅事情、そして生活スタイル自体の変化は、お葬式の形態に関しても大きな影響を与えています。とりわけ核家族化が顕著かつ、集合住宅の比率が高い東京などの大都市圏では、一昔前に町内でごく普通に見掛けた記憶が残る、自宅でのお葬式の風景はほとんど見られません。いわゆる葬儀会場と称される施設の前に「本日の予定」が明示され、喪服姿の参列者が次々と訪れる風景、これが今日のお葬式の基本スタイルだと言えるでしょう。

同時に家族や親族、ご近所との付き合いも以前と比較して、いわばドライかつ一定の距離感を保つ必要すら感じられる昨今です。お悔やみの気持ちこそあれ、葬儀への参列、あるいはお声掛けに躊躇せざるを得ないケースも珍しくありません。さらには費用面という現実的な問題もネックとなり、結果家族葬あるいはそれに殉じる、いわゆるコンパクトな葬儀スタイルの比率の増加が顕著です。

ですが、いざ家族葬で大切なご家族を見送られる場合、とりわけ喪主を務められる方々には、次に述べる不安が避けられないかと思われます。「参列した経験が無い」という現状がそれで、果たしてどの段階から何を備えておくべきなのか、当日の流れや自身が為すべき事は何なのか、未経験故にイメージが浮かばなくて当然です。

現在の家族構成から未来へのライフプランを見据えるに際し、冷静に家族の誰かと最期のお別れをする際のシミュレーションを外す事はできません。早い段階で全てをお任せできる専門業者へのコンタクトから、予備知識の確認を含め、突然訪れるであろうその時に備えておく姿勢が大切です。まずはお手元のパソコンの検索機能を用い、基礎情報の事前収集から着手される事をお薦めいたします。



東京の家族葬会場事情



東京の街の風景を少し注意深く観察すれば、至るところで葬儀関連の広告や葬儀会館と思われる建物と遭遇する事に気づきます。人口1千万人超に加え、核家族スタイルの集合住宅で暮らすご家族の比率が圧倒的な大都市故、いざ葬儀となれば外部の施設の利用が欠かせなくて当然です。

また今日喪主を務められる世代の価値観、すなわち親戚やご近所との適正な距離感の捉え方もまた、一昔前とは確実に変化を見せています。以前はご近所全体でのイベント的な一面を有していた葬儀も、むしろ誰にも知られたくないとの気持ちが勝るケースも珍しくありません。大々的な葬儀となってしまえば煩わしさも避けられず、そうしたリスク回避を優先する判断から家族葬を選択されるご家族も、とりわけ東京などの大都市では比率が高いと推察されます。

このように家族葬を希望される方々に対応すべく、会場の規模を始めとしたより適した環境の整備が急務となっています。

しかし当然ながら葬儀が発生するタイミングは机上の論理で調整できません。結果適した施設が確保できないなど、遺族の方々が窮してしまう展開も皆無とは言えず、やはり有事に備えて事前に信頼できる専門業者を知っておくべきでしょう。「いざとなればどうにかなる」が通用しないのが、東京における家族葬だと捉えておくべきです。

専門業者であれば、葬儀に関するあらゆる疑問や不安に対し、懇切丁寧に分かりやすく回答を届けてくれます。さらには長年の豊富なデータから、さまざまな葬儀の規模や形態毎に想定される予算面などに関してなど、私達が1番知りたいポイントに関し、公式サイト上で明記配信するなど工夫がなされています。



細やかな配慮が心強いと評判



葬儀は時間との争いの側面が避けられません。ご臨終から全てを終えるまでの数日間は過密スケジュールが続き、ご家族への心身の大きな負担は避けられません。精神的に張り詰めて無我夢中で悲しみを実感する間も無く、自分達が倒れてしまわぬように踏ん張るので精一杯だったとの経験談も数え切れません。これは大切なご家族を亡くされた当事者にとっては過酷な環境であり、何より精神的に頼れる存在が不可欠です。

こうしたご家族の心身の状態を十分に理解し、常に一歩先回りの配慮をさり気なく届け続けてくれるパートナーとしての立ち回り、これが専門業者の担当者には求められます。ご近所や仕事関連などの第三者の参列こそありませんが、次々と対処を続けねばならない不慣れな時間が続くのは家族葬も同じです。遺族が無理無く状況を理解の上、故人との最期のお別れを終えるために、細やかな配慮を欠かさぬ葬儀のプロフェッショナルの存在は安心感を与えてくれます。

歴史と実績が評判の専門業者に関するコメントを確認すると、多くの利用者がこの「細やかな心配り」「常に優しく先導してもらえた安心感」を声にされています。常に「次はどうすれば良いのだろう」「これからどう展開して行くのだろう」といった不安を抱えたまま、ストレスフルな葬儀となってしまった苦い経験談もまた、世の中には数え切れません。こうしたコメントを反面教師として早い段階から捉え、参列者全員が「この業者に全て任せて正解だった」と静かに振り返る、そんな家族葬には備えが大事です。最終的に安心して全てを委ねられる業者の選択が「要」です。




相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。