東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 東京で増加傾向にある家族葬

東京で増加傾向にある家族葬



家族葬とは?



現在は葬儀のスタイルも変化してきています。東京では家族葬も増えていて、昔ながらの豪華な葬儀はあまり行われなくなっています。これは高齢化社会や核家族化が進んでいる事も関係しています。

家族葬というのは最近になって確立された葬儀のスタイルですが、家族や親しい友人だけを集めごく少人数の葬儀の事です。一般的な葬儀は故人と関わりがあった人々が通夜や葬儀に駆けつけますが、実際に親しくしていた人はごくわずかしかおらず、中には家族以外付き合いがないケースも増えています。

明確な定義がないという前提はありますが、一般的には遺族だけ、または遺族とごく親しい友人のごく少人数で行う葬儀です。本当にごく少人数で行うため、一般的な葬儀よりも地味なイメージとなりますが、その分故人と過ごす時間も増え、思い出を語り合ったり、ゆっくりとお別れしたり、心の準備がしやすいというメリットはあります。葬儀の規模も小さくなるため、費用を抑えられる事、参列する人が限られるので、遺族の負担も軽減できます。通夜振る舞いも限られた人数ですし、参列者のおもてなしや、会葬返戻品の手配などもほとんど必要ありません。

最近は家族葬に対応してくれる葬儀屋も増えていますし、東京でも数は増えています。ただしすべての葬儀屋が臨機応変に対応してくれるとは限りません。病院で葬儀屋を紹介される事もありますが、そこが必ずしも希望する葬儀に対応しているとは限りませんし、相場よりも費用が高くなる傾向があるので、十分な見極めが必要です。東京で家族葬ができる葬儀屋は、ネットで探す事もできますので、知っている葬儀屋がない時はネットを活用してみましょう。今は葬儀も自分たちらしいスタイルを選べる時代です。



東京で家族葬をする時の注意点



東京でも増えている家族葬をする場合は、いくつか注意しておくべきポイントがあります。

遺族だけで行いますが、故人の兄弟姉妹がいる場合、どこまでを家族とするかの線引きが難しくなります。遺族は自分の家族だけで行いたいと考えていても、故人の兄弟や姉妹が訃報を聞きつけた時に、家族葬をした事でトラブルになるケースもあります。新しいスタイルの葬儀はまだ一般的ではないため、格式や伝統を重んじる人にとっては好ましくないスタイルとなってしまう事があります。

自宅で葬儀を行う場合は、近所の人にも分かりますから、事前に知らせ、参列をお断りするというお知らせをしておかなくてはいけません。香典や供花、供物なども辞退する旨も伝えておくと安心です。中には知らせが届かずに参列する事があります。こういう場合、門前払いは失礼にあたりますから、香典をもらったら一応受け取り、後日香典返しをするのもマナーです。

家族葬は告別式を行わず、家族やごく親しい人だけでゆっくり見送ります。宗教にもよりますが僧侶による読経や焼香も希望すれば対応してもらえます。通夜振る舞いもあまり気を使わずに済みますし、受付や参列者への挨拶、会葬返礼品などの手配も省略できます。ただしその分香典も少ないため、葬儀費用の負担が増えますが、規模が小さいのでそれほど大きな負担にはならないでしょう。

重要となるのは親族への理解を求める事です。家族以外に誰に連絡するかは、よく話し合って決める事が大切です。葬儀は後からやり直す事ができませんので、参列者選びは慎重に決める必要があります。



親戚と近隣住民への配慮



葬儀場で行う場合は、自宅から少し離れているため、近所の人へは後日挨拶をする程度で問題ないでしょう。ただし自宅で行う場合は、看板などと立てないため、近所の人が訃報を聞きつけ知らずに参列する事があります。こういう場合は事前にどういう葬儀かを知らせておき、参列、香典や供花、供物、弔問をお断りする事を伝えておかないといけません。

個人的に親しくしていた人は事情を知っていても参列を希望する事があります。こういう場合も丁寧な対応が必要ですが、どうしてもという場合は受け入れるようにします。近所の人は事情をしればある程度察してくれますが、親族はなかなかそうもいきません。特に親しくしていた場合は、参列を断る事で角が立ち揉める事もあります。家族だけで静かに送りたいという気持ちを伝えても、家族葬自体がまだ一般に浸透していないため、知らせずにいた事を後から責められる事もあります。悪気はなくても不義理になるのは避けたいところです。

故人の強い意志がある場合、親族が高齢で遠方から参列するのが大変という場合は、事情を説明して承諾を得ておくと安心です。家族や故人がそれを望んでいても、例えば会社社長や会長という場合は、社葬を検討しなければいけない事もあります。こういう場合は先に家族だけで見送り、後から社葬やお別れ会を行うという事もできます。

今は葬儀スタイルも多様化していますが、新しいスタイルをよしとしない人もいらっしゃいますので、ここは慎重に考えていく必要があります。規模が小さいと費用を節約できるイメージがありますが、葬儀屋によって対応が異なるので、少人数でも対応出来るかどうか確認しておきましょう。




相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。