東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 東京での葬儀・家族葬の流れ

東京での葬儀・家族葬の流れ

家族が亡くなった時には、突然のことで戸惑ってしまうこともありますが、心の整理もつかない間に葬儀の準備をしなければなりません。葬儀を初めて主催する時には、何から始めたらいいのかわからないこともありますが、亡くなった人が安心して旅立てるように、しっかりと葬儀の流れを知って、計画を立てることが大切です。

家族が亡くなったら、病院の手続きや葬儀社との相談、お寺への連絡などを行い、葬儀の日程を決まったら、親族や会社、学校などに知らせるようにしましょう。亡くなった人の友人や知人などが分からずに連絡ができないこともあるので、普段から友人の連絡先をアドレス帳などを作っておくとよいですね。



主に行われている葬儀は、遺族だけでなく、友人や知人も参列できる一般葬ですが、現代では宗教や形式にこだわらずに、さまざまな葬儀の形があります。東京では、人付き合いが少ないことや、東京以外に親類が住んでいて、高齢者の場合ですと、東京に出てくることができないこともあるため、一般葬だけでなく、家族葬などの小規模な葬儀を行うことが多くなってきています。

家族葬は、主に遺族と親しい間柄の人だけで行うので、10人?30人程度と少人数で行います。そのため、おもてなしの料理などの準備にも手間がかからず、無駄になることもありません。



参列者が多い葬儀だと、慌ただしくなってしまい、亡くなった人との最後の時間をゆっくりと過ごせないこともありますが、家族葬なら亡くなった人とお別れがしやすいでしょう。また、人の目を気にしないでいいので、亡くなった人の好きだった音楽をかけたり、好きだった料理を作ったりと形式にこだわらない葬儀を行うこともできます。

家族葬で気をつけなければいけないのが、準備には手間がかからないものの、香典などがないため、葬儀の費用がかかってしまうことがあります。予算なども考えながら行うようにしましょう。また、葬儀が終わったあとに、弔問客が多くなることがあり、花が届くこともあります。応対に時間がかかることもあるので、しっかりと対応できるようにしておくことが大事です。家族葬で行うことは東京などの都会では増えてきていますが、田舎などでは浸透していない地域もあるので、家族葬で行うことを理解してもらうようにしましょう。葬儀は体力や精神的にも疲労することがありますが、亡くなった人とのお別れを後悔しないように、心のこもった葬儀を行うようにするといいですね。


相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。