東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 東京での家族葬の傾向と葬儀の流れ

東京での家族葬の傾向と葬儀の流れ

家族葬は老若男女に好まれる


暮らしの風景が多様化するにしたがって、家族の中でも価値観の差が拡大している現在では、古くからの習慣もごく形式的な枠組みだけが残されています。特に、葬儀において、東京のような都市部ではその状況が急速な変化を遂げています。交通手段や通信網の発達で、お付き合いにおける人とのつながり方の度合いも、徐々に軽く浅くなっている事から、葬儀を大規模に行う必要性が少なくなっています。



東京で葬儀を行う流れでは、通常の場合自宅で会葬者を迎えるのが本来ですが、近隣住民とのつながりが希薄な事が多い現在では、駐車場の不足や騒音問題などを考慮した場合、設備が整った葬儀場で行うのが多数を占めるようになっており、社会的な対面を気にして葬儀の規模を大きめに行ってきた過去と事情が大きく変化しています。

実際に、大多数が葬儀場を利用する現在では、会葬者がごく親しい間柄と親族に限られる事が多く、昔から行われてきた大規模な葬儀のあり方について、多くの人が問題提起をするようになっていました。


東京において、このような現状から変化が起きたのは、家族葬という葬儀の方法が現れてからです。

家族葬では、親族とごく親しい間柄の友人などが参列し、一般の会葬者の参列は、特に申し出が無い場合お断りし、数十人程度の規模になる事が大半です。

家族葬の場合、故人とのつながりが深い人たちが集まって、故人の残した業績や、作品がある場合にはその展示と見送る会を、故人の遺志や参列者の気持ちで行うなど、自由度が高い葬儀内容となっています。

ごく質素で簡易な葬儀を故人が望んでいた場合に、行われる事が多い葬儀です。


東京においての葬儀事情は、故人の遺志を尊重して行われる事が多く、また、ごく親しい友人や親族だけが集まってお別れの会をするなど、葬儀の形にとらわれない自由なお別れを望んでいる人が増加しています。

東京へ移住し定住した地方出身者が多く、東京での菩提寺を持たない、また、決まった宗教を信仰していない人が増えた結果とも言えますが、このような現状がある現在、心がこもった家族葬を望む人は今後も増え続ける事が予想されています。

家族葬が新しい葬儀の形を作り出している今、故人との最後のお別れをする大切な機会として、任せて安心な葬儀業者との密接な事前相談や、いつでも対応可能なサポートが充実している専門家からのアドバイスなど、的確な体制が整っている葬儀業者との関係も重要なポイントとなっています。



相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。