東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 東京での家族葬には弔問は

東京での家族葬には弔問は

家族葬について


東京で家族が亡くなった時には、その後の葬儀のことなどをどのようにしていけば良いのかなどを、きちんと判断をして決めることができる人達は少なくなってきています。それは、やはり、都会であることが理由になっています。現在では核家族や家族全体の人数が減っている少子化などにより、葬儀を行う機会がその家族のなかではあまり無いからです。隣近所との付き合いも密なものでは無くなってきています。家族が亡くなったからといって、近所のだれかに相談をするようなことがありません。



地方では以前は葬儀などの冠婚葬祭の場合には隣近所の人たちが集まって、その式やそして、葬儀の場合には家族の食事や、弔問客への振る舞いなどもお互いに助け合って作って式を滞りなく行ってきました。しかし、近年では地方においてもお互いが全てをするような葬儀は殆ど無くなってきています。東京においてはそのようなことをして故人を見送ることは無くなっています。



それなので、東京での葬儀は家族や親しい友人たちだけで行うような家族葬で送ることが多くなっています。家族葬で送るのは弔問に義理でくる必要もなく、本当に故人を偲んで心から送りたい人たちで行います。しかし、家族葬だからといって、全ての葬儀が弔問客が少ないという事ではなく、その人に合った家族葬になります。



東京でも会社や企業に多大な功績を残したような人の葬儀は家族葬という形ではなく、社葬などが行われる場合もあります。また、生前にお世話になった多くの人と、なるべく全ての人達とお別れをしたいという家族の人や故人の以前からの気持ちもあって一般葬という形になる時も多いです。いずれの葬儀にする時にも亡くなった後には葬儀社に相談をして、残された家族や故人にふさわしい葬儀をすることになります。



役所に届け出をすることや、葬儀の日程などを誰に知らせるのか、また、葬儀の宗派には仏教、神道、キリスト教など、あるいは無宗教のひとなどがあり、それのどの形にして送るのかなど、決めていく事がたくさんあります。その一つ一つを葬儀社の人と、家族で決めていきます。丁寧でそして気持ちを込めた葬儀を行い、故人や参列した人達にスムーズに葬儀が行われたと感じてもらいたいのです。葬儀は故人のためでもありますが残された家族のこれからの生活をどのように過ごしていくのかを考えることにもなります。感謝を込めてしっかりと見送ることができれば責任を果たすことになります。



相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。