東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 東京での家族葬について、注意や配慮が重要になる

東京での家族葬について、注意や配慮が重要になる

家族葬とは



ここではまず、家族葬について説明します。このタイプの葬儀はその名でも分かる通り「家族でする葬儀」と言えます。近親者だけで行われるもので、それ以外の人は基本的に参加しないのが一般的です。密葬と似ていますが、こちらは近親者だけで火葬を行い、その後、日を改めて本葬を行うことが多いようです。それに対して家族葬の場合は基本的に本葬はありません。金額的な費用が安くなることや、親族だけで行うため、比較的自由に対応できるなど用途や規模をある程度自由な裁量でできるのです。そのため近年、葬儀の形態が多様化したことや核家族化が進んでいることにより、葬儀の方法の一つとして選択されるようになってきました。特に東京ではこうした現象が顕著なため、注目されていると言えるでしょう。

その他にも、通常の葬儀と異なることとして、上記でも説明したように近親者だけですることにより通知の方法が変わってきます。近親者以外の方には連絡しないので、参列者のために特別に何かを準備することは基本的にありません。ただし、付き合いのあった方などには、「当人が亡くなったこと」、「亡くなった日にちと時刻」、「家族葬を選択したこと」などを伝える必要があります。特に、葬儀の方法を伝え忘れないようにすることがポイントです。家族の間であらかじめどのようなタイミングで知らせるかを決めておき、周囲の方々にも十分な配慮ができるようにしておきましょう。

このように、家族葬には幾つか通常の葬儀とは異なることがあります。特に東京で行う場合は、いろいろな部分について確認をしておくことが望ましいでしょう。経済的な費用の負担が少なく、新しい葬儀の形としてご家族だけの葬儀をしたいという方は、ぜひ選択肢の一つとして検討してください。



注意点と配慮について



家族葬をする場合は、様々な点に注意する必要があります。まずは訃報を周囲に知らせる段階で、家族葬で他の方の参列は辞退したい旨を明らかにしておきましょう。

また葬儀後の香典やお焼香、お墓参りをしたいという人が出て来ると考えられるので、その場合の対処も考えないといけません。できるだけ円滑に行くためにも準備はしっかりとするようにしてください。特に、香典や葬儀の説明をする方法などは家族でしっかりと話し合うようにしましょう。香典などを辞退する場合にも、丁寧な応対を心掛けることが大切です。なお、香典を受け取った場合は、四十九日を過ぎてから挨拶状と返礼品を送るようにするといいでしょう。

小規模で行うとしても、大切な故人を送り出す葬儀ということを意識すれば、十分にご家族、縁者、親類などには配慮ができます。費用の負担が少なくなっている分、準備など「親族でしなければならないことが増える」、各種手続きなどに関しても「ご自身の裁量で行うことが多くなる」という場合もありますので、この点は事前に考慮をされておくことです。特にご家族で葬儀に対して慣れていない、あるいは初めてという場合には、段取りについて何から手を付けていいのか分からず不備が発生してしまうこともありますので、この点は葬儀を依頼した会社の方にアドバイスをもらうなどして、事前に準備をされておくと良いでしょう。円滑に葬儀を進めるためにも、念入りに事前の配慮をしておくことで、不要な手間やトラブルは回避することができます。



葬儀費用のチェック



東京で葬儀をするとお金がかかるから少人数で行いたいということもあるかもしれませんが、会場をしっかりと確保する必要や、物品や控室、飲食の手配など、意外なところで料金がかかることがありますので、事前に予算を確認しておくことが大切です。

業者の中でも安いところを探したい場合には、必ず具体的なサービスを確認しましょう。安く済ませようとしていい加減なところを選んでしまうと、のちに不明瞭な部分が見つかることがあります。例えば、ちゃんとした霊安室があるのにドライアイスの追加料金を徴収されたりすることなどが挙げられます。

この点については、葬儀で業者が「どのようなところまで手配してくれるのか」など、事前にインターネットなどで公開されていることが多いので、サイトを活用するといいでしょう。どこまで家族で対応する必要があるのかということを、予算やサービスなどを考えて選ぶようにしておくことがポイントです。

大切な故人を送り出すときに、動揺し、悲しみで冷静な判断ができない部分もあるかもしれません。一度しかない葬儀だからこそ、親族の方で協力し、葬儀を準備するという心構えがあれば、家族葬は十分準備や対応ができる方法です。また、現在では家族葬を採用する家庭も多くなっており、今後さらに新しい葬儀のあり方として増えていくことになる可能性は多いに考えられます。分からないことや不安なことがあれば、依頼した業者の方にこまめに確認することで、円滑に対応することができるでしょう。




相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。