東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 東京でのお葬式 オリジナルデザインの生花祭壇

東京でのお葬式 オリジナルデザインの生花祭壇

お葬式の形も、近年様変わりしてきました。昔は故人の自宅でお葬式を出すことが一般的でしたが、今は葬儀社に頼んで斎場で行うことの方が多いでしょう。突然の訃報を聞き、慌てない人はいません。お葬式の準備には次から次に決めることがあり、残された家族が悲しみに暮れる間もなく、あっという間に時間が過ぎていきます。



もし、あなたが初めて喪主を務めなければならないとしたらどうしますか。きっと何から手をつけていいかわからず右往左往してしまうことでしょう。そんな時、頼りになるのは葬儀屋さんです。斎場や車の手配、役所への届け出に至るまで段取りをしてくれるでしょう。そんな頼もしい葬儀屋さんですが、慌ただしく決めてしまっては後で痛い目を見るかもしれません。後悔しないためにも、生前からの準備が大切です。



葬儀費用というのは各社によってまちまちです。まずはホームページなどで自分の居住エリア内での葬儀実績のあるところを調べて比較検討し、できれば見学会などに足を運んでみることをおすすめします。東京にも数多くの葬儀社がありますが、自分の希望にあったお葬式をあげてくれるのはどこなのかじっくりと見極める必要があります。実際に参列したときの雰囲気や、知人からの評判を聞いておくことも大切かもしれません。



葬儀のタイプとしては親族や友人、会社関係の人が参列する最も一般的なタイプから、社葬・合同葬としった大人数のもの、そして最近は遺族、親戚だけで行う家族葬や式を執り行わずに火葬のみというタイプもあります。誰を呼ぶのか、費用はどのくらいにするのか、故人の遺志はどうなのかを考慮して決める必要があります。



お葬式と聞いて、誰もがまず故人の写真を中央に据えた生花で飾られた祭壇を思い浮かべるのではないでしょうか。これが社葬ともなると祭壇は大きく、生花の数も相当なものになります。生花一つとっても、故人が好きだったもの、故人らしさを追求したオリジナルデザインの祭壇ならば、より心のこもった、満足のいく式になると思いませんか。



東京品川区には創業40年の東京都内全域、神奈川や千葉、埼玉でも施行できる葬儀社があります。特に合同葬となると独特の流れとなるため、こうした長年のノウハウが蓄積された葬儀社を選んだ方が安心です。また、葬儀社を評価するために、経済産業省通達のもと行われた「葬祭業安心度調査」というのがあります。全国でも7.5%しか認定を受けていない、最高評価AAA。これが全てではありませんが、葬儀社選びの一つの目安になるのではないでしょうか。


相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。