東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 最近の東京での葬式のあり方と家族葬

最近の東京での葬式のあり方と家族葬



家族葬とはどういうものか



家族や大切な人が亡くなった時には、すぐにでも葬式の準備をしなければいけません。現在はいろいろな葬式の形があります。

田舎では近所から手伝いにきてもらったりするなど、昔からの習慣が残っている地域もあります。近所付き合いなどもあり、葬式をする時には大勢の人が訪れて一緒に見送ってもらうことが多いようです。

しかし大きな規模の葬式は、費用や精神面で残された家族の負担となることもあります。故人をゆっくり見送りたい遺族の気持ちが叶えられず、誰のために葬式をするのかわからなくなる時もあります。残された家族や故人の希望を実現するために、いろいろな形の葬式が行われるようになってきています。

お金を持っていて葬式費用はそこまで気にならない人や生前に付き合いが広くて多くの人たちとの交流があった場合などには、大々的な葬式をするのもかまいません。

しかし、東京など都会に住んでいると核家族化が進み、近所付き合いのない人も大勢います。故人が高齢者の場合は、サラリーマン時代の付き合いもなくなりますので、ごく親しい友人や親族だけを葬式に呼んでからこぢんまりとした葬式をすることもあります。故人にとって大切なのは葬式の大きさではなく、ほんとうに悲しんでくれる人に集まってもらうことです。見栄で盛大な葬式をするのではなく、悲しんでもらえる人だけを集めて葬式をすることのほうが大切で、家族と故人、弔問客の三方が願っているような葬式の形が大事です。

そこで出てきたのが家族葬です。家族葬は、本当に故人と親しかった友人や親族だけで行う葬式です。遺族にとっては、費用や精神面での負担が少なく、また、親しい人しか呼ばないためゆっくり故人を見送れます。

昔と今では葬式のあり方が変化しています。葬式だけでなく、その後の火葬にも少ない人数で行くことができて、より親しい人と故人との最期の別れをすることができます。



現在の葬式の種類



家族葬以外にもいろいろな葬式の形式があります。社葬というものもあります。社葬とは、会社の創業者や役員の方などが病気や事故などにより亡くなられた場合に、会社が主催者となって大々的な葬儀を行うことです。

社葬の場合は、会社関係の人が主導で行うようになっていて、会社の人と家族で葬式を行いますが、より会社の名目が強く、仕事関係の人が大勢弔問に訪れますので、その中で多くの家族が知らない人たちがきます。地位のある方であればその証として、会社への貢献への感謝の気持ちとして社葬が行われることが多くなっています。

会社の規模に問わず、東京の大企業でも行われることも多々あります。

社葬に参加した人は家族葬に参加できないといった決まりはありません。親族と親しい知人は別途家族葬という形で葬式を行うケースもあります。

昔はよく行なわれていたのが一般葬で、親しい友人だけではなく、会社関係の人にも会葬してもらう葬式のことになります。この場合は、昔からよく行われていたもので、家族葬より規模が大きなものとなります。その分費用もかかりますので、残された家族のためにも家族葬にするか一般葬にするかを検討してから決めるようになっています。

他にも合同葬というものもあります。合同葬というのは、事故などで一緒に亡くなられた人と一緒に一番大きな葬式で、家族と会社の両方で一緒に葬式を行うときにもこのような形をとります。そうなりますと、複数で主催されますので葬式にかかる費用はそれぞれで分担をすることになります。





葬式の費用と家族の思い



葬式を上げるのにもいろいろな葬式の方法がありますので、家族葬や一般葬などは個人が行う葬式となりまして、社葬や合同葬はちょっと違った葬式となります。費用で行くと高い順で見ていきます。一番は社葬や合同葬は会社と個人の合同の葬式や複数人の葬式をすることになりますので当然葬式の費用は高くなります。費用分担が発生しまして、個別に葬式費用の分担割合を決めていきますので、最終的にどのくらいの費用が発生するかは定かではありませんが一般葬より高くなる場合もありますし安くなる場合もあります。その都度葬儀社との話し合いでどのような社葬や合同葬をするかで変わってきます。

家族葬の場合は少人数で行いますので費用的には一番安く済みます。一般葬は最近あまり行われていなくて、家族葬を行う遺族が増えてきています。特に東京などの都会では多くの方が家族葬を選んでいます。家族葬は故人も喜んでくれるし、残された親族にも喜ばれる葬式になりつつあります。葬儀に参加する人数、また生花祭壇によって費用はことなりますが、家族及び親戚までの身内の30名程度までが一般的とされています。

一般葬のように会葬してくださる方々をお招きすることがないため、お香典なども少なくなります。お返し代などは必要になりませんが、場合によってはより高額になってしまう可能性もあります。家族で静かにお見送りしたい場合には最適な家族葬ですが、この点には注意しましょう。




相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。