東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 曹洞宗のお葬式~東京で家族葬~

曹洞宗のお葬式~東京で家族葬~

お葬式は宗教の形式で行う場合が多く、最も多いのは仏教です。

その中でも様々な宗派があり、中でも曹洞宗は独特の形式をとります。



曹洞宗の葬儀は、授戒(じゅかい)、念誦(ねんず)、引導(いんどう)の3部構成になっています。

授戒とは亡くなった人に戒名を授け、仏の弟子となること。念誦とは心の中で念じ、お経を唱えること。引導は葬儀において亡くなった人を悟りの世界へ導くということです。



曹洞宗はお焼香の仕方が独特です。

焼香は2回ですが、一度目はお香をつまみ額の高さまで押し頂きますが、二度目はつまむだけで押し頂かずに高炉に投じます。

また、告別式に向かう時と火葬場へお見送りの際、鼓?三通(くはつさんつう)という太鼓などの仏具を使って音を鳴らす独特の作業が行われるのがこの宗派の特徴です。



葬儀の大まかな流れは同じですが、その内容は今や多岐に渡っています。

一般的な葬儀の形式、家族だけで行う家族葬、社葬や合同葬など。

とりわけ東京などの都市部の場合はしがらみが少ない場合も多く、家族葬が増えています。



家族葬の特徴は従来の葬儀のように故人とつながりのある人皆が参加するのではなく、家族・親族のみが参列し、それ以外の方には辞退を申し上げるというもので、自宅で行う場合と葬儀場で行う場合と選ぶことができます。



東京で行う場合の葬儀一式と料理代、火葬場使用料も含めての相場は、一般の形式(会葬者90名)が160万円、自宅で行う場合の家族葬(10名)が90万円、葬儀場で行う場合の家族葬(20名)が135万円、社葬・合同葬(300名)が520万円あたりです。



家族葬が好まれる点としては、家族・親族だけなので参列者へのご挨拶などを気にせず、ゆっくりと故人を偲ぶことができます。

また、少人数で行うので、葬儀社への支払のトータル金額が一般の葬儀よりも安くなります。

ただし、一般の葬儀に比べてお香典は格段に少なくなりますので、結果としてご遺族の負担額が大きくなるという側面はあります。

好まれる傾向としては、「家族だけで静かに故人を送りたい」という方と、「人づきあいが少なかったのでお招きする人が少ない」という方が選ぶ傾向にあるようです。



人が亡くなった時、どの宗教で葬儀を行うかというのは故人が信仰していた宗教で行われます。

そして、どの形式で葬儀を行うかは遺言に残されていない限りは喪主が中心となって決めます。



東京の場合は市区立または一般の斎場全て、基本的にはどの宗派でどの形式であっても対応できる体制になっています。


相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。