東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 挨拶などが不要で東京で家族葬が人気

挨拶などが不要で東京で家族葬が人気

家族葬が人気である理由


日本は昔と比較しても様々な価値観が見られるようになっています。こうした価値観はライフスタイルだけでなく、冠婚葬祭など習慣や文化にも影響を及ぼし、様々な価値観が反映されるようになっています。バブル期までの結婚式と言うと80名から100名程度の招待客を招きホテルや宴会場を貸し切って盛大に披露宴や挙式を執り行うのが一般的でした。しかし現代ではこうした絢爛豪華な挙式披露宴は行われなくなりました。それは日本のデフレ経済が色濃く反映していると言えます。そのため質素に身内だけで少人数で挙式を行うカップルも多くなっています。またこうした地味婚だけでなく結婚式を執り行わないで入籍だけするナシ婚が人気になりつつあります。お金は子育てや老後に備えようとする堅実な価値観のカップルも最近特に増えつつあります。



こうした価値観は結婚式だけに限ったことではありません。葬式でさえもこうした景気や経済状況に影響を受けた新たな価値観が色濃く反映されるようになっています。東京や大阪と言った首都圏では特に葬式に対しての価値観が変わりつつあります。


東京や大阪といった首都圏では隣近所の付き合いは希薄であり、地域コミュニティもほとんど形成されていません。そのため人間関係が極度に希薄である人も珍しくありません。また東京や大阪は核家族が絶対的に多く、親戚づきあいも希薄になっています。そのため葬式を執り行っても招く知人や親せきも少なく、ほとんど参列者がいないという事もあるほどです。


そのため葬式も昔ながらの盛大な一般葬を執り行おうと考える人が非常に少なくなっています。


また実際にデフレ経済のあおりを受け、一般葬を執り行うだけの経済力がない人も非常に増えています。年金暮らしの独居高齢者であると葬儀代も出てこない人も少なくありません。こうした日本の経済状況、価値観の変化などに配慮して葬儀社も様々なニーズに応じた葬儀プランを提案するようになっています。


例えば家族葬プランは最近特に東京でも人気のプランです。一般葬が平均百万円以上の費用がかかるのに対し、家族葬は三割程度安く葬儀を執り行うことができます。また家族葬であると10名程度の親族のみで執り行われるので、堅苦しい会葬の挨拶をしたり、参列者に豪華な料理をふるまい参列の品を用意する必要もありません。


一見非常に寂しい葬儀のように感じますが故人とじっくり向き合い、今生の別れをすることができ、家族にとってはいつまでも心に残る思い出深い葬儀になります。しかし一般葬と違って参列者から香典を頂くことがないので、70万円前後の費用を遺族が全額負担しなければいけないことを心得ておこなければいけません。


こうした葬儀費用の負担が遺族にとって厳しい場合は、直葬と言う方法もあります。直葬にすれば家族葬の半額程度で故人を送り出してあげることができます。



相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。