東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 家族葬を東京で行う場合の費用

家族葬を東京で行う場合の費用

葬儀の費用は地域性が有りますし、選択する内容で大きく違いますから、執り行う地域の相場を基準に、選定を行う事が大切です。

東京で葬式を行う場合、物価の高さは費用に影響しますが、シンプルな火葬や参加者は限られる家族葬を選べば、一般葬より負担を軽くする事が可能です。

一般葬は種類が多く、豪華な葬儀を執り行う事が出来るものの、最低金額は100万円を越えますから、経済的負担が大きく成りがちです。

その点家族葬は、親族が見守る方式ですから、東京でも80万円から選べますし、身内だけで気を張ら無い送り出しが実現します。



家族葬を選ぶ利点は、参加者が限られる事から、前準備は少なくて済む点に有ります。

また、一般葬より数は減りますが、家族葬にも種類は有りますから、予算に合わせて選ぶ事が可能です。

遺族で葬儀を分担する場合は、最も安いタイプを選べますし、作業の内容が分から無い時は、専門業者に任せるやり方を選べば安心です。

東京の葬儀で金額は膨らみますが、節約の工夫は行えますから、葬式を断念する必要が有りませんし、亡くなった人の人生に正しく区切りは付けられます。



家族葬を執り行うメリットは、経済的利点の大きい方法ですが、場所の選択肢が広く選べる効果は利点ですから、突然会場の必要が発生しても、焦らず最適な葬儀場は選べます。

葬式が大型の場合は、葬儀場が豊富な東京でも、予約が埋まっていると使えませんし、会場が開くまで待つ必要が生じます。

しかし、遺体を安置出来る日数は限られますから、長引けば遺族の印象は変化するので、早めに済ませられる方法を選びましょう。

会場が小さくても行えるコンパクトな葬式は、場所の確保が行い易い優位性を持ちますから、金額意外にもメリットは有ります。



式を省いた火葬タイプは、東京のルールに従い最低限の処置を行うやり方で、別れの挨拶をする時間は限られますし、思い出に浸る猶予は最低限です。

費用は約25万円からと、料金だけ最も安く成りますが、家族葬と比べて50万円の差ですから、金額の捉え方が選択の別れ道です。

執り行える機会は1度切りですし、実施した後にやり直せませんから、遺族の話し合いを入念に行い、本人を送り出せる方法を選びましょう。

場所は東京都内であっても、経済問題を克服する方法は存在しますし、妥協せず選べる選択肢は用意されていますから、葬儀社に相談してプランを立てて貰った方が、後々遺族の中で悔いは残りません。


相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。