東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 家族葬を東京で行うなら知っておきたいこと

家族葬を東京で行うなら知っておきたいこと



家族葬とは



最近お葬式を家族葬で行うご家族が増えて来ています。従来お葬式には名前を付けるような事はないのですが、時代の変化に合わせてお葬式に対する意識も変化してきています。現在では葬儀を行う形も変わり始めていて、自宅や集会所、お葬式を行うために造られた葬儀会館での葬儀など場所に拘らない方も多く、遺族の数だけお葬式は存在していると言われる程多様化しているのは間違いありません。結婚式も地味婚と呼ばれる義理や付き合いを避けて行いたいという方や費用的な負担を抑えて経済的に行いたいと思っている方も増え、本当に親しい方の間だけで行われる方が増えたのと同じく、お葬式も核家族化や社会的な経済事情に合わせてこぢんまりと行いたいという要望が増えてきました。このようなニーズの多様化によって生まれたのが、家族や故人の思いが詰め込まれたオーダーメイドで作る葬儀が家族葬になります。

そのため、葬儀屋さんも低価格を実現するために葬儀内容の料金を細かく提示したり、不要だと思われる部分を削ぎ落すなどの企業努力を行った結果、遺族に掛かる負担が少なく親しい人だけで行えるような葬儀が実現しました。少し前でしたら葬儀が質素で親しい人だけなどはもってのほかで、故人を汚しているなどと言われる可能性もありましたが、無駄を極限まで省きながらも故人や遺族の思いを汲んだ家族葬という形は、現在の消費者からもっとも求められている葬儀のスタイルだという認識が深まり、徐々に選ばれる機会が増えて来ています。リーズナブルな料金だからと言ってみすぼらしい葬儀にはなりませんので、まずはしっかりと情報収集を行ってください。



東京で葬儀を行う場合には



家族葬と聞いた時にイメージするのは遺族だけによる葬儀というイメージだと思います。そのため、故人の兄弟であったり故人の親戚などを含めどこまで参列してもらうのかを事前にしっかりと決めておく必要があります。また、ニュアンス的には遺族と故人が生前親しくしてくれた人が参列する葬儀となっていますので、決して故人のご家族だけでなく、仕事を超えて付き合いがあった方や、故人の友人も参列してもらう事が出来ますので、そのあたりは言葉の意味に引っ張られずに柔軟に対応してください。

このように葬儀を行う場合には、通常の葬儀と違いさまざまな事を事前に決めておく必要が出てきます。香典や供花などもその一例で、香典や供花を受け取るかどうか、受け取るにしても金額の上限や供花の大きさの限度についても話しあって決めておく事が重要になります。東京など住宅が密集しているエリアで行うような場合には、近隣の方が慌ててごあいさつに見えたり、参列を希望されるような事も考えられます。

そのため、東京などの自宅で行うような場合には、事前に訃報の中で家族葬で行いますので参列をご遠慮させていただきたいなどのお知らせをしておく必要があります。その場合には、合わせて香典や供花を辞退するなどの記載をしておくとより親切になります。また、故人の知り合いの方の中で葬儀の参列をご遠慮した方がいた場合には死亡通知を出すのが親切です。その際には故人の遺志でこのような葬儀を行った事を必ず挨拶文に書き添えた上で、香典や供花を辞退する旨を記載をするのがマナーです。



東京で葬儀屋を選ぶ方法



葬儀を行う経験は生きているうちでそうそうあるものではありません。そのため、どのような葬儀屋に依頼したらよいか分からない方も多いと思いますので、これまで家族葬だけでなく葬儀そのものを依頼した事がない方でも納得のいく葬儀屋を選ぶための方法をご紹介します。最初に確認してほしいのが葬儀スタッフの質です。葬儀スタッフの中には厚生労働省認定の葬祭ディレクター技能審査に合格した人を雇っている所があります。この葬祭ディレクター技能審査をクリアした葬祭ディレクターは、高い見識、技能、知識を持ち合わせた葬儀をお任せするのに信頼できる人で、初見では優劣をつけにくい葬儀業界の中でも素人の方がもっとも指針にしやすい資格となっております。葬儀は専門的な知識が多いのでこのような資格を持っている方にお任せできるのは安心です。

また、経済産業省通達のもと行われた葬祭業安心度調査も葬儀屋を選ぶ上で重要な判断材料となります。葬祭業安心度調査の評価がもっとも信頼できる評価で、会社が大きかったり葬儀を依頼した人が多いという事は判断材料にはならず、純粋に葬儀に対してどのように向き合っているのかや、葬儀の内容、故人への対応などが純粋に判断されるようになっておりますので、純粋に葬儀屋としての実力が評価されています。葬祭業安心度調査の結果や葬祭ディレクター技能審査に合格しているスタッフの有無などは葬儀を依頼された事がないという方でも安心してお任せできる判断材料となりますので、葬儀屋さん選びに難航した場合には、葬祭業安心度調査の結果や葬祭ディレクター技能審査などを参考に選んでみてください。




相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。