東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 家族葬には香典や弔電をどうするべき

家族葬には香典や弔電をどうするべき


小さくまとめる家族葬



葬儀の形にはいろいろとあり、小さくまとめる家族葬も珍しいものではなくなりました。葬儀と言えば、盛大なものになりやすいものですが、家族と近親者だけで故人を見送る家族葬は、式として考えても大きくなりません。残された家族は葬儀の対応に追われることもありませんし、費用も少なくて済みます。家族は故人との別れの時間をゆっくり作ることが出来るようになるのですから、大きな意味があるでしょう。ところが、参列するつもりでいた人の立場になると、家族葬と聞かされた場合、どういった対応をするべきか考えなければなりません。参列できないのであれば、弔電も香典もどうしていいか戸惑ってしまうことも珍しくありません。

家族葬が最近は浸透してきたとはいえ、そこまで理解していない人も多くいます。そもそも家族葬ですので、近親者のみで行われているところがポイントになってきます。「葬儀は家族葬で執り行います」という案内があった場合、斎場や時間が明記されていない場合はもちろん参列しません。しかし、斎場や時間が明記されている場合や参列してもいいのか曖昧な場合は参列を避けるか、遺族に問い合わせをするのが良いでしょう。

家族葬だからといって、ルールが決められているわけではありません。もともと、葬儀というものは、宗教的な意味合いや地域的なものでルールが確立されてきました。家族で葬儀を上げるというスタイルになると、これが当てはまらなくなってきます。



返礼品が発生するようなことは控える



家族や近親者以外が家族葬に参列するのかというと、基本的にお断りしていると考えなければいけません。故人にお世話になったからこそ参列したいと思うかもしれませんし、近所で長年のお付き合いがあったかもしれませんが、遺族が家族葬を選んだ意味を考えるべきでしょう。家族葬を選択したということは、故人との最期の時間を参列者の応対や事務作業に追われることなく、身内だけで静かに過ごしたいという気持ちがあるためです。このように、遺族が身内でひっそりと葬儀を進めたいと考えていることは明白であるため、その気持ちをくみ取らなければなりません。つまり、どんな理由があったとしても、押しかけることは控えるべきということになります。

もうひとつの側面として、弔問を遠慮したいという意思表示として家族葬を選択するということもあるということです。香典に関しても遠慮したいと言っているのと同じ意味と考えるべきでしょう。はっきりとした意思表示はしなくても、こうしたことは参列したいという意思よりも、遺族の気持ちを理解していかなければいけませんし、尊重しなければいけません。ルールが無いからこそ、相手を理解し行動することが求められるのです。

マナーということを考えても、残された家族に対して迷惑をかけないようにするというところが重要なポイントになってくるでしょう。参列する側の意思を押し通すことは、マナーに大きく反する行動だと理解するべきです。こうした点からも、香典だけではなく、供物や供花なども控えるべきでしょう。供物や供花を送れば、遺族は返礼品を用意する必要が出てきます。辞退が明確になされていなくても、遺族の意思には反しないようにすることが大切です。



弔電は送るべきなのか



家族葬に返礼品が必要になるようなものは送るべきではないのは明確ですが、返礼品の必要のない弔電は送っても良いのか疑問になります。基本的には、家族葬の場合であっても弔電を送ることは問題がないとされています。結果として返礼品の必要もありませんし、遺族は礼状を用意すれば済みますので、負担になるということもないでしょう。しかし、明確に断られている場合にはマナー違反となりますので注意しましょう。

実際に弔電を打つとすると、通夜の前に送り届けなければいけません。それも、斎場に送ることになります。家族のもとに送ったとしても、葬儀の時に読めなければ意味がありません。そうなると、日時を把握しなければいけなくなります。しかし、こうした情報を教えてくれるとは限りませんので、送りたくても送れない状況が出来上がります。無理に聞き出して送るということは、悲しみに暮れている家族に対してマナー違反になることは、一般的に見て分かることです。このような場合は、無理に日時を確認するよりも、遺族の気持ちを汲んで弔電を控えたほうが良いでしょう。

弔電にしても、自分が送りたいからなどという勝手な理由はもっての他でしょう。明確に弔電を辞退する旨が案内されていない以上、送っても問題はないという考え方もできるでしょうが、何よりも遺族の側にたって考えることが必要です。それならば、遺族に気持ちを話しておけば済むことです。弔電を打つこと自体に問題はありませんが、場合によっては気持ちを直接伝える方が大事な時もあります。何よりも気にしなければいけないのは、残された家族のことなのですから、自分のことを押し通すのではなく、しっかりと理解していくことがルールであり、マナーであるといえるでしょう。







相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。