東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 家族葬についての知識と品川で家族葬のできる斎場探しの方法

家族葬についての知識と品川で家族葬のできる斎場探しの方法


近年注目が集まる家族葬



近年、葬儀の意味について考え直す人が増えています。そもそも、葬儀というのは遺族や故人と親交のあった人たちが死を受け入れて見送るためのものであったり、亡くなったことを知らせるものであったり、生前のお礼を伝えたり、遺体の処理をしたりという意味を持っています。故人にとって最後の儀式であると捉えられることが多いですが、残された人たちのためでもあります。



このような意味を持って行われる葬儀ですが、近年ではその形態についても様々なタイプが出てきています。価値観が多様化してきて、今までは当然だと思われてきた葬儀の費用への疑問が出てきたことが理由のひとつにあげられます。葬儀はお金がかかるものであるということが漠然とありましたが、実際には何にどれだけの金額がかかっているのかが不透明であること、そしてそれだけの費用が用意できないという人が出てきていることから、葬儀の規模の縮小化や価格を明確にすることが求められるようになりました。



また、葬儀を行うにあたって高齢化や少子化の影響、ご近所関係や血縁関係の希薄化の影響も葬儀の縮小化に影響していると考えられています。最近では一人っ子同士での結婚も増えており、両方の親の葬儀を行うとなると精神的にも費用的にも子供たちに大きな負担がかかってしまいます。そこで、葬儀での負担を減らしたいと考えて葬儀の規模を縮小して費用の負担を軽減したり、連絡の手間やお礼の手間を少しでも省けるようにしたりということで規模を縮小することが増えています。



この葬儀の規模を縮小するということで注目を集めているのが家族葬です。家族のみで葬儀を行えば費用も手間も最小限にできるということでニーズが高まっています。





家族葬とは



家族葬というのは名前の通り、家族のみに参列者を限定して行う葬儀のことです。参列者が限定されるということ以外には一般的な葬儀の形式と同じであり、通夜と告別式とが行われます。



家族のみで葬儀を執り行うとしても、もちろん職場であったり町内会であったりといった、故人の関わりがあったところに訃報を出します。その時に、きちんと家族のみで行いたいという旨を伝える必要があります。ただし、中にはそのような記載があっても、故人と親交の深い人であれば最後のお別れをしたいとか、お香典を持って行きたいという申し出があることもあります。そういった気持ちをむげにしてしまうと失礼にもなりますし、トラブルにもなりますからきちんと対応するよう注意が必要です。



まだまだ家族葬というスタイルが新しい形態であるために、どうしても親族はもちろんのこと、周囲もうまく対応ができないというケースが多いです。家族のみで行うというのが故人の希望であっても、故人が、この人には来て欲しい、という友人がいる場合もあります。そういった場合には線引きが難しくなるケースもありますから、事前に故人との話し合いをしておくことが望ましくなります。



このような周囲への理解を求めなければならない点はデメリットと捉えられがちですが、それによって得られるメリットはとても大きなものです。参列者を家族のみや最小限の近親者のみというように限定して葬儀が行えることによって、参列者への気遣いや時間に追われることがありません。そのために、精神的にも金銭面でも負担が軽減できますし、何よりもゆっくりと故人との別れの時を持てるようになります。





品川で家族葬の斎場を探す



家族葬を執り行う際には、参列者の選定や声掛けについてだけでなく、斎場選びも注意が必要です。まだまだ斎場としても対応をしたことがないというケースがあり、料金設定であったり、葬儀の受け入れ態勢であったりというのが整っていない場合もあるのです。故人との最後の別れをする場面ですから、ミスがあったり、ばたついてしまったりというのは避けたいものです。そこで、斎場選びというのは慎重に行う必要があるのです。



品川区内でも斎場はいくつもあります。そのため、斎場選びについては困らないのですが、可能であれば生前からいくつか葬儀社を回って葬儀の形態であったりプラン、参列者の選定をしたりということを行っておけることが望ましいです。葬儀というのは遺族のためでもありますが、故人のために執り行うものです。そのため、少しでもその人の意思を尊重するためには、生前から少しずつ葬儀についての話し合いを進めておくのが望ましいのです。



品川区内の葬儀社についてはインターネットで検索をすれば調べることができます。そこから家族葬のできるところを絞り、気になるところに事前に相談に行ったり、資料を請求したりしておくと万が一の時に迅速に対応ができ、なおかつ故人の意思を尊重した葬儀を執り行うことができます。



その際、実際のプランをある程度決めておけば、その通りに葬儀を執り行うことができますし、事前に葬儀にあたって準備するべきものや費用についても知ることができます。あらかじめ準備しておくというのは失礼なことのように思われがちですが、最期のお別れの際、他のことに時間を割かず故人との時間に集中できるというのはとてもありがたいことであり、悪いことではありません。








相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。