東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 家族葬と東京と挨拶について

家族葬と東京と挨拶について

家族葬を東京で行うこともあります。地方では葬儀は、大きく行うことがありますが、東京ではこじんまりと家族葬をするケースもあります。東京に限らず、家族葬を選択することはあります。故人とのお別れの時間を、身近な人たちで大切にすることができるのも、メリットの一つと考えられています。家族で行うといっても、一緒に住んでいる家族だけとは限りません。親近者を集めて諸規模で行うお葬式ではありますが、特に決められた定義はありません。



家族と親戚、プラス友人といったパターンもあれば、家族と親族と、友人たちにご近所の人といったケースもあります。人数的にも一桁の数でも、100人であっても家族葬になります。家族を始め、親しい人たちを集めて少ない人数でのお葬式の、トータル的な名称でもあります。登場したのは90年代ですから、歴史的にもそれほど古いスタイルのお葬式ではありません。世の中の認知度としても、かなり高まってきてるので、知っている人も増えてきています。



古くからのお葬式のパターンでは、朗報はお世話になった人たち、全員にしなければ失礼に当たる、といった意識がありました。朗報は、ご近所の人や町内に、最初に連絡するなども、昔ながらの常識としてあります。ですが、ライフスタイルも変わってきたり、核家族化など時代に変化もあり、お葬式への考え方やスタイルも変わってきています。地域の人達との関係性も薄くなってきていたり、家族が故人の交友関係を知らないケースもあります。



現代社会においては、お葬式に対しての価値観や考え方は、大きく変化をしています。身内としたしいい友人だけで見送りたいとか、お葬式をゆっくりしたいと考える家族も増えてきています。家族の行うお葬式では、訃報を連絡する範囲を限定することができます。事前に出す案内状に、ご参列辞退を記載するといった手段を取ることもできます。こうすることで、参列者の人数もバランスよくコントロールが可能です。



家族葬の場合の挨拶は、長い文面を考えるのではなく、形通りの短い挨拶でも問題はありません。そういった面でも、気持ちには余裕が持てるものです。家族だけでのお葬式というのは、大きなメリットとして、葬儀にかかる費用を大幅に抑えることができます。葬儀会場も大きな場所を選べば、それだけ費用もかかってきます。小さいお葬式だからこそ、親しい人たちで、ゆっくり送ることが出来るのもメリットです。


相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。