東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 安い料金の葬儀について

安い料金の葬儀について

葬儀の内容とその料金



現代はライフステージが変るたびに様々な活動を行う人を沢山見ることができます。大学在学中には三年生の頃から就職活動をスタートさせます。就職によってその後の人生が大きく変ることは否めません。そのため早めに活動を行うことは賢明であり、三年生から就職活動をスタートさせるのも遅いぐらいです。また最近では結婚適齢期にさしかかると、婚活を行う人も非常に多くなっています。デフレ経済で思うような企業に就職できなかった人は、結婚こそ理想的な相手を見つけ幸せな結婚をしようと目標をたて、パートナー探しに奔走します。特に女性は結婚相手の男性によって人生が大きく変ってきます。そのため女性にとって婚活は現代では欠かすことのできない活動になっています。また人生の終末期である60代にもさしかかると、終活を行う人も増えつつあります。人生の最期の締めくくりのために、身辺整理をしたり、自分の葬儀のプランを計画したりします。



終活において特に重要視されるのが、葬儀の内容とその料金です。多くの人の場合、自分が亡き後遺族や子供に葬儀料金で負担をかけたくないと考えています。そのため自分の葬式を生きている間に自分で決め、料金プランなどもあらかじめ指定しておく人が増えています。とくに最近では料金が安いとされる家族葬プランを選択する人が増えています。家族葬とは家族や極限られた親族のみだけで執り行われる葬式です。そのため費用が一般葬の三分の一程度で執り行うことができると言われています。こうした葬式のプランの選択を自分が生きている間にしておきたければ、葬儀社の生前相談を利用すると良いのです。



生前相談で自分で葬式のプランを選択し、事前に葬儀社に費用を払い込んでおけば、決して遺族や家族に料金面で負担をかける心配がありません。また葬式を決めたということを生前にパートナーに伝えておいたり、遺言書にきちんと記しておくことが大事です。また最近では自分の葬式を生前葬で行いたいと考える人も増えつつあります。生前葬とは生きているうちにほホテルの宴会場やレストランを貸し切って、そこで最期に会っておきたい友人、知人、親族を集めお別れの挨拶をしたり、礼や感謝の気持ちを伝えます。生前葬は皆で酒を酌み交わし、美味しい料理に舌鼓を打ち会話を楽しむので、全く暗く寂しいという感覚はありません。生前葬をしておくと、最期の瞬間を後悔する事がなく、安心して天国に旅立てるというメリットがあります。




相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。