東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 大田区など関係なく葬儀の祭壇は故人の宗教

大田区など関係なく葬儀の祭壇は故人の宗教

葬儀には故人の宗教や遺言などでいろいろな種類のものが行われるといいます。

一般的な仏式から、日蓮正宗、神式、キリスト教式、無宗教式などがあります。それぞれの宗教などにあわせて祭壇なども葬儀会社が準備してくれるので安心です。



仏式で葬儀を行う人は全体の約8割くらいだといわれています。中央部分が祭壇になっていて、左右の横に供花をそなえておきます。供花はお供え物の一つとして、喪主、遺族、親族や会社関係の人が出しています。色や形などはそれぞれで選んで作成してもらうことができます。



日連正宗の場合は、上段に菩提寺の住職に持ってきてもらった御本尊を厨子に安置しておきます。その下の周りに樒を飾ります。

また、花や供花はすべて樒で飾りをしておくことになるということです。

神式のものは、三種の神器や五色旗、神饌物である米、塩、海の物、川の物、山の物など季節の物を用意して供えておきます。神道でも最近は8割くらいの人が花祭壇を利用している場合が多いといいます。



それから、キリスト教では教会で行うことが多いのですが、式場でも執り行うことは可能です。式場で行うときは、十字架を置き、花で飾り、賛美歌を合唱して故人を偲びます。

それぞれの宗教によって葬儀の方法や形に違いがありますが、それでも故人を思って参列するようにしておくことが大切です。



葬儀では花をおくることがよくありますが、それにもいろいろな種類のものがあります。

たとえば、亡くなった人の枕元に飾る花の枕花、故人の供養のためにお供えする供花、地域によってですが、式場の周辺に花輪を飾るところもありますし、供花スタンドや参列者が焼香をする代わりに花を1本ずつ捧げる形の献花というものもあるということです。おくるときには、相手が不愉快な思いをしたりしないように気をつけるようにすることが大切です。



最近は遠方ですぐに駆けつけることができなくても、その式場などに花をおくることができるようになってきたといいます。

たとえば、大田区に葬儀を行う式場があって、遠方にいるので参列することができない場合でも、大田区の式場に近い花屋などにネットや電話などで注文して、大田区の式場に当日に間に合うように届けてもらうことも可能になってきているのです。



おくる相手との関係性などによってもおくる花の種類は違ってきますが、わからない場合でもきちんと調べて失礼のないようにしておくことが大切だといえます。


相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。