東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 大田区での葬儀はどのような形で行うべきか

大田区での葬儀はどのような形で行うべきか


家族以外も満足できる形に



お葬式は残された遺族が最後の別れをするために重要なものです。更に生前の交友関係が広い方ほど、多くの方がお葬式に参列するので、そうした方のことも考慮しつつお葬式の内容を考えていかなければなりません。中には葬儀社にほとんど任せてしまうという方もいますが、予算にも限りがありますし、利用できる斎場が限られるケースもあるので、希望通りのお葬式にするためにも、自分から積極的に準備にかかわり、問題が無いかどうかチェックしていくことが大切です。家族以外も満足できるお葬式を準備し、最後の別れをより良いものにしていきましょう。

大田区は東京都内では数少ない、公営の斎場がある区として知られています。公営の斎場は民間の斎場に比べて料金が安く設定されているので、なるべく費用を抑えたいという方におすすめです。その分利用したいと考える方が多く、亡くなったタイミングによっては数日間予約で埋まっているケースもあるので、その場合は民間の斎場の利用も視野に入れるようにしてください。最近は首都圏で斎場が確保できず、お葬式を行えないというケースも増えているので、斎場の確保は最優先で行うようにしましょう。

お葬式の準備で重要なのが、どの程度の規模にするかという点です。祭壇一つ取っても、プラン内容によって大きさが大きく異なりますし、照明などがつけられているものなども多く、どれを利用するかで予算にも大きな違いが出てきます。多くの葬儀社ではいくつかのプランを用意しており、それを基準にして計画を組み立てていくこともできるので、スタッフとも相談しながら、想定している予算内でどの程度のお葬式がでかそうか確認しておきましょう。最近は家族葬などの小規模なプランも人気ですが、今後の交流も考えて、本当に家族葬にすべきかは慎重に考えるようにするのをおすすめします。



信仰に要注意



大田区は公営の斎場があることから、比較的安くお葬式が行えると言われています。とはいえタイミングによっては斎場が予約で埋まっていることもあるので、確実に安くできるとは限りませんが、それ以上に気をつけたいのが、亡くなった方の信仰の確認についてです。家族の誰かが亡くなったのであれば、自分たちの信仰に基づいてお葬式を用意すればよいのですが、親族の葬儀を準備しなければならないときは、亡くなった方がどういった宗教を信仰しているのか、正確に把握しておかなければなりません。

当然といえば当然ですが、お葬式は亡くなった方の信仰に基づいて行わなければなりません。信仰している宗教や宗派によっては、独自のスタイルでお葬式を行う必要があるため、それに対応している葬儀社や斎場を探す必要があり、公営斎場が対応していないこともあるかもしれません。日本では仏教が一般的で、大抵の斎場も対応してはいますが、宗派の違いで細かい流れは変わってくるので、今まで交流が無かったという親族の場合は、遺品などをチェックして正確な信仰している宗教や宗派の情報をチェックしましょう。

家族以外の参列者が出席する場合は、更に慎重に準備を進めなければなりません。信仰している宗教や宗派があるのに、それを無視してお葬式の準備をしたとなれば、同じ信仰を持つ方にしてみれば非常に失礼な話なので、最悪今後の人間関係にも影響が出かねません。そうしたトラブルを防ぐためにも、葬儀社は様々な宗教や宗派に対応できるところを選び、信仰している宗教などについての情報も、生前のうちに確認しておいたほうが良いでしょう。



斎場はどこを使う



お葬式を問題なく行えるかどうかは、斎場を確実に確保できるかにかかっています。特に東京都内は斎場が少なく、値段が安い公営の斎場は予約がどんどん埋まってしまうので、準備が遅れれば遅れるほどお葬式を行うタイミングを失ってしまいます。最近は斎場不足が原因で友引にお葬式を行う遺族も増えてきているので、少しでも良い形で最後のお別れを行えるように、理想的な形で斎場を確保できるよう準備を進めていきましょう。

斎場選びを行うためには、自分が住んでいる地域の斎場を把握することが大切です。東京都内には民間の斎場のほうが多く、どの地域にも存在していますが、より安い公営の斎場はごく一部にしか存在しません。大田区はその一つで、大田区在住の方なら公営の斎場を安く利用することができるので、基本的には公営の斎場を使うのをおすすめします。とはいえタイミングによっては予約でしばらくの間利用できないので、葬儀社を選ぶ際は公営以外の斎場も利用できるところを探すようにしましょう。

斎場をどうしても確保できないときは、遺体の保存をしなければなりません。遺体の長期保存は難しく、ドライアイスを定期的に交換するなどの作業も必要になるので、必要となる費用は更に増加してしまいます。家族葬は参列者がおらず、家族だけでお葬式を行うスタイルなので、斎場が確保できない場合でも比較的容易に行えるので、いざというときはこうした小規模なお葬式にシフトすることも視野に入れつつ、まずは葬儀社に連絡して、どの斎場を確保することができるか確認することからはじめていきましょう。



相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。