東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 大事な人を見送る葬儀の料金はいくらくらい?

大事な人を見送る葬儀の料金はいくらくらい?


葬儀にかかる料金について



家族や親族など、大事な人の最期を彩ると言える、お葬式。そんな葬儀の際には当然ですが、葬儀費用が掛かりますので、ご家族の場合は特に、事前にいくらくらいかかるのかをしっかりと把握しておく必要があると言えるでしょう。葬儀の内容によっても異なりますが、料金は相場として確かめておくことが大切です。

まず、近年増加傾向にある家族葬の場合ですが、こちらの場合は通常の葬儀よりも3割ほど価格を抑えられることが多いです。場合によっては、もう少しコストを抑えて利用することが出来る場合もあると言われています。家族のみで故人をお送りするため、余分な出費が無く、シンプルにお葬式が出来ることが、コストを抑えられる理由だと言えるでしょう。

次に、社葬などの団体で行われるお葬式の場合ですが、こちらの場合は一般葬の1.5倍ほどが相場で、用意する会場の規模などによっても、大きく金額が異なる場合があると言えるでしょう。会社全体で行われるタイプのお葬式として知られており、会社の社長など、重役クラスの方が亡くなった場合に行われることが多いと言えるでしょう。

そして、一般的なお葬式の場合ですが、通夜、告別式などを行うかによっても料金が大きく異なるものの、家族葬と社葬の間に収まるのが普通です。こちらも会場の規模や、用意するものなどによっても金額が大きく異なります。葬儀社によっても異なるため、葬儀社を選ぶ際には料金も比較して検討すると良いでしょう。

これらの料金は、お葬式会場の規模だけではなく、会場がある場所や、その時のプランなどによっても大きく異なりますので、故人の希望を尊重するためにも、事前に見積もりを出してもらうように心がけることが大切だと言えるでしょう。



費用はどのタイミングで支払う?



お葬式を依頼する際には、当然料金を支払う必要がありますが、何かとバタバタしているタイミングで支払うのか、それとも後払いで良いのか、気になるという方も多いのではないでしょうか?葬儀を依頼する企業によっても異なりますが、主に、次のようなタイミングで支払いを行うことが多いと言えるでしょう。

まず会場に支払う金額に関しては、企業に依頼をしている場合、企業サイドが支払いをしてくれるケースが多く、別途後から請求をされることがほとんどです。企業の多くが、後払い制度を設けている傾向がありますが、場合によっては前払いで前金として何割か支払いを行わなければいけない場合や、完全前払い制度を設けている場所もありますので、事前に確認をすることが大切です。

後払い制の場合は、故人の納骨が終わった後に改めて請求書を貰い、後日振り込みをするという場合や、式の終了後に、スタッフに直接まとめて渡さなければいけない場合など、こちらも支払いタイミングが企業によって異なりますが、大体の場合、式の邪魔をしないタイミングや、式がある程度一段落をしたタイミングで支払えばOKという場合が多いため、事前にこちらも聞いておく必要があると言えるでしょう。

故人が終活をしているという場合、中には、事前に葬儀料金を支払っておいて、自分が死んだ後に備えているという方もいます。その点に関しては、ご家族とよく話し合いをされておく必要があると言えるでしょう。意思疎通をしておかないと、余分なお金を企業に支払わなければいけない場合もありますので注意が必要です。



事前にかかる費用について



お葬式を依頼する際には、後払い制度を設けているところも多いようですが、後払い制度の場合でも、中には、事前に支払いをしておかなければいけない部分もあります。具体的には、次のような料金を事前に前金として支払わなければいけない傾向があるでしょう。

まずは、式の終了後に参列者にお配りする葬儀品や、お食事代金などが挙げられます。こちらはいち早く用意をせねばならず、企業によってはこの分の費用だけを前払いで請求される場合があると言えるでしょう。金額は企業によって異なります。また、料理の内容などもしっかりと話し合いを行わなければいけない場合があります。

次に故人の写真に関してです。故人によって終活の際に、事前に自分の写真を用意しておくことを考えられる方も多いのですが、スタジオで撮られる場合など、事前にスタジオに料金を支払わなければいけませんので、その分のお金は別途事前に発生するケースが多いと言えるでしょう。ご自分で写真を用意される場合は必要ありませんが、よりきれいに、より鮮明な写真を残しておきたいという場合は、こうした費用も掛かることを頭に入れておくことが大切です。写真費用はスタジオによっても異なります。

このように、お葬式本体だけではなく、様々なオプション部分などで発生する料金は、事前に支払いをする可能性が高いので、その時になって困ってしまわないためにも、ある程度の費用は事前に用意をしておかなければいけないと言えるでしょう。







相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。