東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 地方からも渋谷区の葬儀に生花で気持ちを伝える

地方からも渋谷区の葬儀に生花で気持ちを伝える

最近では葬儀を行う会場が遠方ですぐに参列することができなくてもネットや電話などで当日できるだけ早く花をおくることができるようになってきています。

会場が渋谷区で、地方などに住んでいてすぐに参列することが不可能な場合でも、渋谷区の会場にすぐに届けてもらい、渋谷区にいくことなく花を渡すことができるのが便利です。



葬儀のときにおくる花にはそれぞれ意味があります。いろいろな種類のものがありますが、亡くなった方との関係でもおくる花の種類が違ってくるので、そのことをしっかりと理解しておくことが大切です。受け取る相手に不愉快な思いをさせないように、花をおくるタイミングなども考えて注文して届けるようにお願いしておきます。



通夜や葬儀の際のお花や生花には、いろいろなものがあります。亡くなった人の枕元に飾る枕花、故人の供養のためにお供えする供花、地域によってですが葬儀のときには式場の周辺に花輪を飾ることもありますし、花輪と同じような役割を果たす花として供花スタンドというものもあるということです。また、葬儀告別式には参列する人がお焼香をする代わりに花を1本ずつ祭壇に捧げるものがあります。



枕花は誰がおくるものなのかというと、亡くなった方とゆかりの深い人や特に親しかった人などがおくるものだといいます。この花は葬儀が終わるときまでご遺体のそばに飾るものです。なので、大げさなスタンドであったり、花輪などではなく、故人とご遺族の気持ちに寄り添うものと考えておくるようにします。供花は故人と親しかった人や遠方で参列することができないという人がおくるものだといいます。



また、花輪は故人や喪主の方の勤務先、取引先などからおくられることが多いです。もちろん、故人がおくることもできますが花輪よりも、供花スタンドや一般的な供花などをおくる人のほうが多いということです。

それからキリスト教では焼香をせずに、参列する人が祭壇に1本ずつ白い花を献花として供えていきます。キリスト教の献花に使われる花は白い花を選び、生花であることが大切です。



献花にする花の種類は決まっていませんが、カーネーション、または菊などを用いることが多いです。バラは棘があるので故人が特に好きだった、などの理由がないかぎり選ばれることはないといいます。

花をおくるときには、きちんと故人やご遺族の方の気持ちを考えて、マナーをしっかりと守っておくるようにしておきます。


相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。