東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 喪主は女性ではなく男性がやるべき?喪主に関する豆知識

喪主は女性ではなく男性がやるべき?喪主に関する豆知識


女性ではなく男性が喪主を担当するのか?



現在では医療技術が発達しており、その技術なども相まって、昔は治らなかった病気でも現在では治療をすることができるようになっています。そのため、重い病により亡くなる人がたくさんいるということは少なくなっています。しかし、当然人間には寿命があり、家族の誰かが平均寿命を超えれば、老衰などにより亡くなるものです。家族の誰かが亡くなると、多くのご家庭では葬式を執り行うことになります。



葬式とは一般的に故人にお別れをするために行う式です。今ではその葬儀方法にもたくさんの種類があります。例えば親族を中心に行う家族葬や、会社関係者なども参列する一般葬、他には社葬が挙げられます。それぞれのご家庭で選択する葬儀の種類は異なりますが、葬式を行う時は喪主を決めることが求められます。



喪主とは主に、葬儀を進める人のことになります。葬儀内容の取りまとめや、僧侶などの手配をすることが役割として挙げられます。もし喪主を前もって決めていなければ、円滑に葬儀の準備を進めることができないので、効率的に準備ができない可能性があります。



喪主を誰にすればいいのか悩んでいるご家庭の中には、どのような基準で選択すればいいのか分からない人も少なくないでしょう。喪主の決め方としてはまず遺言書があります。遺言書は故人が遺産配分やそれぞれのご家族にメッセージを綴る文章です。この遺言書は法的拘束力を持つので、もし喪主に関して誰が担当するのか記載されていれば、一般的にその人が男性や女性に関わりなく担当することになります。



遺言書に記載がない場合は、一般的な慣習によって選択する遺族が多くなっています。一般的な慣習とは主に配偶者です。故人の配偶者は家督を継ぐことになるため、男性や女性に関わらず配偶者が努めます。しかし、配偶者の中には務めることができない人も存在します。例えば海外出張で海外に勤務しており、すぐに葬式の準備のために帰ってくることができないような方です。



また、その他にも加齢によって足腰が不自由で、スムーズに葬式の準備を進めることができない方も故人の配偶者の中には存在するでしょう。もしこのように務めることができない方がいる時は、血縁関係が深い方を選択します。例えば長兄が高齢で足腰が不自由である時、次男が担当をします。また、配偶者の中で男性すべてが身体が不自由であれば、女性の配偶者である長女、次に次女が喪主をすることになります。






喪主がやるべきことについて知る



配偶者の中で喪主を決めることができたら、次は喪主がやるべきことを事前に把握しておくと、スムーズに葬儀の準備を進められるのではないでしょうか。



まずやるべきこととして挙げられるのが宗教や宗派を確認することです。日本では仏教やキリスト教など宗教が違うご家庭が存在しています。また、仏教の中には宗派も種類がたくさんあります。例えば浄土宗や浄土真宗、真言宗などが挙げられます。宗教や宗派によって葬儀のスタイルが異なるケースもあるので、あらかじめ把握しておくことで宗教や宗派に沿った葬式ができるようになります。



さすがに宗教を知らないという人はいませんが、宗教に疎く、自分の家の宗派が何であるのかを分からない人も少なくありません。もし宗派がわからない場合は、親戚に伺いを立てて、前もって把握しておきます。



次に葬儀の予算を決定します。葬儀の予算に応じて葬儀の種類を選択することが多くなっています。予算はそれぞれのご家庭で異なるので、きょうだいと相談をして決定するようにしましょう。葬儀業者の選択も喪主が行うことになります。



また、参列者への連絡、返礼品や料理の手配もしなければなりません。葬儀の種類によっては必要ない可能性もありますが、通夜などで料理が振る舞われるところも多く、参列者の口に合ったものを選択するようにします。そして、通夜や告別式では挨拶をすることが求められます。





葬儀業者の選び方



喪主がやるべきことの一つに葬儀業者選びがありますが、担当する方の中にはどのような葬儀業者を選択すればいいのかわからないという方も少なくないでしょう。選び方にはコツがあるので、コツを参考に選択してみてはいかがでしょうか。



コツの一つとして挙げられるのが、創業年数です。創業年数が長ければ長いほど、信頼できる葬儀業者であると思う人もいるのではないでしょうか。安心や信頼感を持つことができる葬儀業者を選択すれば、もし分からないことがあったとしても、そのスタッフの答えを信じることができます。



その他にも相談をすることができるかどうかもコツになります。例えば初めて喪主を務める方の中には、どのように葬儀の準備をすればいいのかわからないという人も少なくないでしょう。



もし相談にのってくれる業者を選択できれば、一定のメリットを感じられるようになるでしょう。また、葬儀業者の中には24時間対応を受け付けてくれるところもあるので、緊急の相談にも対応してもらうことができます。








相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。