東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 品川区、葬儀の開始時間について

品川区、葬儀の開始時間について

葬儀における種類と準備



葬儀をする際どのような段取りで行えば良いのかということや、事前に準備すべきことなどわからないことはたくさんあると思います。人生の中で葬儀を体験することは人にもよりますがそう多くはありません。なので、何があっても慌てないですむように、事前に知識を頭に入れておくことは大切です。

品川区で葬式を行う場合、開始時間については、貸し切りの葬儀場であれば特に決まりはありませんが、値段が割安の公営の場所となると、時間によって値段が変わります。品川区の公営会館では、9時半から15時までが33000円、13時から21時半までが44000円、15時半から21時半までが31000円、15時半から翌12時までが47000円となっています。なので、品川区で公営会館を利用する場合は一番早い開始時間が9時半ということになります。

葬式の種類には一般葬、家族葬、社葬があります。一般葬は一般的に行われる葬式のことで、家族や身内、親しい友人などが参加します。一般的を行う場合、最低でも108万円からとなっています。家族葬は、一般葬よりも規模が小さく、家族のみで行う形となります。この場合最低で75.6万円からです。社葬は、一番大規模な葬式の形となっていて、企業が中心となり、費用などもある程度負担して行います。

社葬は、故人の地位や企業での業績などによって行うかどうかを決めます。社葬を行う目的としては、企業のアピールという部品が大きいです。一般葬と社葬を合同で行う合同葬というものもあり、これは社葬よりも経済的なので、中小企業が行う場合が行いです。社葬は、324万円から行うことができます。

葬儀を行う前の準備についてですが、まずは故人の宗派を確認することから始めます。そして、葬式で使う写真選びです。写真はできるだけ故人がしっかりと写っている綺麗な写真を選ぶようにしましょう。次に、役所で死亡届けなどの手続きをするために印鑑が必要になります。また、その際に故人の本籍地がわかるように事前に把握しておきましょう。

病院から故人を運ぶ時に、どこで管理しておくかという管理先を決めておく必要もあります。また、葬式の時の喪主を決めておかなければなりません。さらに参列者の確認、葬儀場の手配などが、事前の準備内容となります。

葬儀の会社に依頼することで、これらの準備のサポートをしてくれますので、急いで準備が必要な時などは、自分自身だけで準備せずに会社に依頼しても良いでしょう。




相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。