東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 品川に自宅から葬儀の花をおくることも可能

品川に自宅から葬儀の花をおくることも可能

葬儀のときなどに花をおくることがありますが、どのようなものを選べばいいのか、などがわからないことがあります。

そのようなときには、マナーなどを調べて相手に不愉快な思いをさせたりしないように気をつけなければいけないです。葬儀にあったものがあるので、それをしっかりと理解しておくるようにしておきます。



通夜や葬儀に用いられるものにはいろいろな種類のものがあります。なので花をおくる前に、必ず相手の宗教を確認しておくことが大切です。おくるときは、花の専門店、または葬儀社で手配をすることができるようになっています。

故人と特にゆかりの深い人、故人と特に親しかった人が、亡くなってすぐに枕元に飾るものや、香典の代わりとして、最後のときに参列できない人が送るものなどもあります。



枕元に飾るものは、葬儀が終わるまでずっとご遺体のそばに飾るものは、大げさなスタンドのものなどではなく、故人と遺族の気持ちに寄り添うものと考えて贈ります。 これはお通夜の前に届くように贈るのがマナーですが、あまり早すぎるとかえって失礼になってしまうので、訃報を受けてから贈るように気をつけます。また、キリスト教では教会に持ち運ぶことができるように小ぶりの籠に入れたものなどをおくるようにしておきます。



ほかにも、お供物と同じような位置付けのもので、通夜から祭壇に供えるものですが、故人の供養のためにお供えするものなので、フラワーアレンジ、籠アレンジ以外にも、会場のスペースが許す場合はフラワースタンドを贈ることも可能です。色は白だけではなく、落ち着いた色調を中心にしておけば、色があるものでも大丈夫です。



たとえば、葬儀の会場が品川などで、遠方にいて最後のときに参列できない人でもネットや電話などで品川の会場におくることができるので、訃報を知ったその日に自宅、もしくはお店から注文して品川の会場に当日におくるようにしておくといいです。芳名名札をつけた形で贈るのですが、キリスト教の場合は自宅あてに届くようにおくります。仏教の場合は、会場として使われる場所に届くようにしておきます。



地域によってですがお葬式の会場の周辺にフラワースタンドを飾る地域があります。企業から贈るケースが最も多く、故人または喪主の勤務先や取引先などからおくられることがあるといいます。個人が贈ってもいいのですが、個人の場合はフラワースタンドよりも一般的なフラワーアレンジのものをおくる人のほうが多いということです。


相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。