東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 品川で葬儀を行う時に香典は

品川で葬儀を行う時に香典は

家族が亡くなった時には、ある程度の覚悟をしていた場合であっても、それを直ぐには受け入れてお別れのための葬儀の準備をすることは大変なことです。病院に入院をしていて医師から余命を知らされた場合には 、故人をきちんと見送るためにあらかじめ自分たちで行える範囲の心の準備とともに、葬儀に対しての用意をするというのもあります。生前にそのような事をするのは不謹慎だとの考えが以前にはありました。



しかし、現在では現在では自宅で通夜、告別式を行う人もほとんどいなくなりました。葬儀などを取り仕切ってくれるような人が近所には必ず誰かがいたものです。今では、隣近所との付き合いがあまり無くなってしまったのです。品川でも家族の人数が少子化や、核家族が増えてきていることなどもあり、いざ、葬儀という事になっても相談ができる人がいなくなってきているのが現状です。多くの人がお寺や葬儀場、斎場などで葬儀を行うようになりました。その場合に葬式に対して知っておくことも、はじめて葬式を行うというときでも、焦ったり慌てることなく滞りなくお別れができるのです。



どのような式にするのかというのも考えておくと良いです。品川で多いのは一般葬です。故人がこれまでの間にお付き合いのあった人や知り合いの人たち、多くの皆さんにお別れを告げるような葬式です。それには特に親しかった人からの弔辞などもあります。祭壇も仏教の人でしたら、丁寧な白木の祭壇などが使われたりします。

また、家族や、親戚、極親しかった方たちだけでお別れをするような家族葬もあります。本当に故人を偲んで静かに送ります。生前、故人が望まれていたお別れだと品川において、そのようにとり行われる場合もあります。家族葬の場合には香典を遠慮される事が多いようです。香典はいただいても、それをお返ししなくてはならないような性質もあります。それなので、お互いの負担も考えて前もって遠慮するのです。

仕事を現役でして、会社や企業に多大な貢献をしてきた方には社葬をされたり、先に密葬を行って、日を改めてお別れの会をするということもあります。



どのような、葬式でも亡くなった人に対しては最大の敬意と、感謝の気持ちを込めて丁寧にお別れをします。そうすることは、故人にとってはもちろんですが、残された家族の人達がこれから生きて行くための一歩を踏み出して行くのに本当に大切なことです。心残りのないように送りたいものです。


相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。