東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 品川で葬儀をする際の葬儀社の選び方と注意点

品川で葬儀をする際の葬儀社の選び方と注意点


葬儀の多様化



近年では、核家族化の影響や長引く不況、死生観の変化など様々なことからお葬式やお墓についての考え方が変わってきています。死後のことにお金をかける必要はないと考える人や、十分にお金が残せないという人、または家族に金銭的に負担をかけたくないという人、一人っ子が増えたことで子供への負担を軽減したいという人が増えており、そういったことも最近のお葬式には影響しています。



核家族化やマンション住まいの人が増えたことによって、仏壇を置く場所を設けられないという人や、仏壇を購入する費用や法要を行うための費用を負担するのが難しい人も増えて、仏壇は最低限の仏具で準備をする人や洋室においても馴染みやすいオシャレなものを選ぶ人が増えています。それと同じように、葬儀についても故人の意志を尊重して様々なタイプのものを行うということができるようになっています。



従来は不透明であった費用のことについても、最近では料金体系が明確になっているところが増えていますし、価格競争が行われるようになったことで費用の違いも出てきており、各社がオリジナリティを出すようになっています。



従来通りのスタンダードな形式でも行えますが、それ以外にも家族のみで行う家族葬であったり、音楽葬のような無宗教でのものであったり、亡くなる前に行われる生前葬であったりなどその形式は様々です。



このように多様化しているからこそ、生前のうちから自分が亡くなったらどのような形でお別れの時間を設けるか、そして誰に見送られたいか、というようなことは話し合いの機会を持つことが望ましいのです。生前のうちにこのような話をすることはタブー視される傾向がありますが、本人の意志を尊重して可能な限り希望に応えるためにはこのような話し合いの機会はとても貴重なものとなります。





葬儀の際の注意点



葬儀についての希望を生前に聞くことと合わせて行いたいことが、どこに任せるかという葬儀社選びです。やはり、多様化していることによって様々な業者があり、サービスの内容や料金体系にも違いがあります。そのためにトラブルが起きているケースも多くなっています。



特に料金についてはよくトラブルになるものなので、注意しておく必要があります。見積もりと最終的な金額が違ったり、色々とオプションをつけなければならなかったりということもあります。事前の見積もりと違っていても、お葬式が終わってからではもう費用を支払わなければならなくなってしまっていますし、家族が亡くなった時というのは冷静な判断ができず、後から必要以上に費用を支払っていることに気づくというケースもあります。そういったことがないように、事前にきちんと説明をしてくれるところやオプションをつけたり見積もりと大幅に違う料金を請求したりしない業者を選ぶことが重要となります。



また、故人との最後の別れの時間ですから、可能な限り気持ちよく見送れるようにしたいものです。業者の人たちの言葉や対応で気分を害するようなこともない話ではありません。普段なら流せることであっても、家族を失った悲しみの中にあると流せないこともあります。きちんと遺族に寄り添って応対をしてもらえるところを遺族のためにも、故人のためにも選びたいものです。



このような応対の良いところというのは、故人や遺族のためにも大事ですし、参列者にとっても重要なことになります。自分たちだけでなく、参列している人たちにも不快な思いや失礼がないようにしたいものです。そういった面でも、応対の良さというのは重要視したいポイントとなります。





品川の葬儀社



葬儀社を選ぶ際には、可能であれば本人を交えて生前のうちからパンフレットを請求したり問い合わせて実際に話を聞いたりしながら具体的な相談をすることが望ましいです。事前に問い合わせをすることによって斎場の中を見学することもできますし、具体的な相談をすることもできるので可能な限り理想に近いものにすることができます。



また、現場のスタッフと話ができることも大きなメリットです。やはり、最後の別れの場面ですから、安心して任せられると思える人たちに依頼をしたいものです。スタッフの応対の様子であったり斎場の空気であったりというのを事前に感じられることは、安心して任せられる斎場を選ぶのにとても有効です。



葬儀の際には、可能な限り自宅に近いところで執り行いたいものです。特に高齢の人が亡くなった場合には、その友人も高齢であるために移動が難しくなります。そのため、可能な限り自宅に近いことも大切なポイントとなります。



ですから、品川に住んでいる人は品川界隈の葬儀社について調べて、その中で最も理想的なところを選んでおくと良いでしょう。その際に、具体的な料金や設備、葬儀の内容についてだけでなく、お棺の運搬のことについても確認しておくようにしましょう。



最近では、自宅で亡くなる人よりも医療施設で亡くなる人の方が多い傾向にあります。医療施設で亡くなると、自宅や斎場までお棺を運ばなければなりませんから、移送についても考える必要が出てきますので、事前に移動の問題についても確認をしておく方が良いでしょう。









相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。