東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 元気なうちに世田谷区での葬儀を手配しておくメリット

元気なうちに世田谷区での葬儀を手配しておくメリット



葬儀の事前準備について



葬儀は通常は亡くなってから手配をするものです。最近はスタイルも様変わりしていますから、生きているうちにお世話になった人に直接挨拶をしておきたいという事から生前葬なども増えていますが、基本的に生きているうちに葬式の準備をするのは縁起が悪いと考えられてます。しかしそれも昔の話となっていて、現在は家族に迷惑がかからないよう、自分が生きているうちに準備をするという考え方も増えています。

生前に葬式の予約をする事から、生前予約と呼ばれる事もあります。亡くなってからでは身内は気持ちも動転していますし、冷静な判断ができません。病院で紹介される葬儀屋にそのまま依頼してしまう事も多いのですが、病院が紹介する葬儀屋は相場よりも費用が高い傾向があります。こういう事を避けるためにも、事前準備を必要と考えるのは悪い事ではありません。いつどんな形で自分が死ぬかは誰にも予測できませんし、自分でも分かりません。突然その日がやってきても、事前にある程度準備をしておけば、残された遺族の負担を軽減できます。

今はスタイルも変わってきており、家族葬や自由葬、直葬や一日葬など実に様々です。人それぞれに事情などもありますから、自分にとってベストな形を決めておくのも大切な事です。最近はこうした新しい考え方も増えているので、事前準備に対応してくれる葬儀屋も増えています。事前準備に関しては、葬儀屋により対応も変わってきますから、まずは事前準備に対応してくれる葬儀屋を探しましょう。それから自分が希望するスタイルや、宗教がある場合は主教のしきたりにのっとり行いますから、そういうところの取り決めも必要です。他にも決めておくべき事はいくつかありますので、何をしておくべきかを紹介します。



東京で葬儀の事前準備をする



世田谷区で生前予約をする場合は、自宅から出来るだけ近く、世田谷区内にある葬儀屋を探します。式場で行う場合も自宅からあまり離れていると不便ですし、火葬場の手配などもあるので世田谷区内がいいでしょう。事前に決めておくべき事は、会葬者の人数や規模、宗教がある場合は宗教に合わせる事、無い場合は無宗教の自由なスタイルでもいいでしょう。

亡くなってから遺体を安置して置く場所も考えておかないといけません。大抵は自宅か式場の遺体安置場です。自宅か式場か、ここは家族とよく話し合っておくと良いでしょう。予算も重要です。あまりお金をかけたくない場合は、大体の予算を伝えておけばその範囲内で対応してもらえます。

家族葬や自由葬の場合は、少人数で見送るため、会葬者の予測もしやすいですが、親族などが後から揉めないように、どこまで声をかけるのかも事前に決めておくと安心です。もし納得してもらえない時は、故人の遺志である事を伝えておきます。日本ではほとんどが仏式ですが、キリスト教や無宗教の場合は、それに合ったスタイルを考えなくてはいけません。最近は住宅事情などもあって、自宅で行うよりも、式場やセレモニーホールで行う事が多くなっています。これも場所や予算に応じて決めていきますが、参列者がいる場合は、交通アクセスなども考えて場所を決めます。不便なところにある場合は、式場からの送迎バスは必須となります。宗教のしきたりにのっとる場合はそれほど難しくありませんが、自由葬の場合はどんな内容にしたいかを具体的に伝えておく事が大切です。



先に手配しておくメリットとは



葬儀の事前準備は縁起が悪いというイメージが強いのですが、メリットもあります。

自分が亡くなってからでは希望を伝える事も出来ませんし、突然の事で遺族も動揺しているでしょうから、事前準備をしておくと自分がいなくなった後の不安を解消できます。遺族も悲しみは残りますが、指示に従えばいいだけなので、落ち着いて対応できます。通常は亡くなった後に遺族が手配をしますから、もしかしたら故人の遺志とは違う内容になってしまう事もあるかもしれません。こればかりは確認のしようがないため仕方ありませんが、自分が後悔しないように、希望通りの葬式が出来るのもメリットです。

遺族も故人の遺志を叶えてあげられた事を喜んでくれるでしょう。ただし余りにもイメージとかけ離れた内容では遺族も戸惑ってしまいます。ここは事前に家族とよく相談して、自分はこう希望しているが、どう思うかなども話し合っておきましょう。

事前にある程度の手配ができれば、予算も把握できます。予算は別にとっておけば、自分に何かあった場合にそこから使うよう指示しておけますから、経済的な不安も解消できます。事前にある程度手配しておけば、追加料金が発生して困る事もありません。金銭面でのトラブルは意外と多いため、ここはしっかりと話し合っておきましょう。こういう対応もきちんと丁寧にしてくれる業者を選びます。

葬式は何度も行うものではありません。やり直しがきかないからこそ、自分の希望を伝えておく事が重要です。事前準備を選ぶ理由として多いのは、自分のことよりも家族の負担を減らしたいというのも頷けます。




相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。