東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 世田谷区の葬儀に花輪を地方からおくることも可能

世田谷区の葬儀に花輪を地方からおくることも可能

どこで葬儀を行っていても、遠方からでも故人や喪主のために最近では花をおくることができるようになってきています。

世田谷区の方が亡くなって、地方の人が世田谷区にすぐにお花をおくりたいというときは、花屋や葬儀会社などにお願いして当日から世田谷区に届けることも可能なのです。故人や喪主の方へ気持ちをしっかりと届けることができるのが便利です。



葬儀のときの花にはいろいろな意味がありますが、誰がその花をおくるのか、ということで種類も違ってきます。

たとえば、枕花という、葬儀が終わるまでそのままご遺体のそばに飾る花ですが、これは亡くなった方とのゆかりの深い人や特に親しかった人などがおくるものだということです。故人とご遺族の気持ちに寄り添う花ということであまり早すぎるというのも失礼になってしまいます。なので、訃報を受けてからおくるようにしておくのがマナーといえます。



供花は故人と親しかった人、それから遠方で通夜や葬儀などに参列することができない人がおくるもので、子供一同、孫一同、親族一同という風に、遺族がおくったり、会社や職場からおくられることもあります。この花は香典の代わりとしておくられているものと考えるといいです。注意したいのは、キリスト教の場合の供花です。教会に持ち運ぶことができるように小ぶりの籠に入れたものなどにしておくことが大切です。



企業からおくることが最も多いのが花輪です。故人、または喪主の勤務先や取引先などからおくられることがあります。できるだけ前日までに届くよう手配しておき、花の色は白に限定はされてはいないのですが、落ち着いた色調のものを中心にしておくようにしておきます。ただ、会場によっては飾れないこともあるので取り仕切っている葬儀会社に必ず確認しておくようにします。



献花というのはキリスト教で行われることが多いといいます。キリスト教では焼香はしないのですが、参列者が祭壇に1本ずつ白い花を供えていくような形になっています。キリスト教の献花に使われるのは白い生花が多いです。花の種類が決まっているわけではないのですが、カーネーションや菊などを用いることが多いといいます。棘があるような花は故人が好きだった、などの理由がある場合以外では用いることがないといえます。



キリスト教以外で用いられる献花では、故人が好きだった種類の花を使うことがよくあります。もちろん生花を用いるのですが、花の色や種類も自由に選んでいることが多いです。


相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。