東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 世田谷区の人たちにおすすめできる葬儀のあり方

世田谷区の人たちにおすすめできる葬儀のあり方


世田谷区の人たちのための葬儀のノウハウについて



葬儀を準備しなければならない事態は突然起こるかもしれません。そのとき慌てないためにも、今どうすれば良いのかを考えることがベストな対策です。まず、確認しておかなければならない問題は宗派についてです。代表的な仏教の宗派だけでも、日蓮宗に浄土宗、真言宗、東西の浄土真宗、さらに臨済宗や曹洞宗などを含む禅宗があります。更に、神道、キリスト教、友人葬などがあり、菩提寺のありなし、連絡先などをチェックしておく必要があります。

既に墓地をお持ちであるなら、どのような形態の墓地をお持ちなのかもチェックしておきましょう。一般的な寺院墓地をはじめ、公営霊園の墓地などの形態があります。また、遺影のための写真も用意する必要があります。後々まで写真は残るものであるため、ご家族のお気に入りのものをあらかじめ決めておきましょう。写真選びのポイントは、顔が大きく写っているものであり、損傷、汚れが比較的少ないものです。絹目調の写真はスキャンの際に網目が映り込み、鮮明に仕上がらない可能性があるため、光沢紙タイプのものが良いでしょう。また、デジカメ写真も最近では多くなっていますが、その場合は、300万画素以上のものにしましょう。

さらに、葬儀には亡くなった方の記帳をするための手続きが必要となります。中でも役所に提出する書類の一つである死亡届には、印鑑が必要となるため忘れずに持ち合わせましょう。死亡届は公的書類であり、シャチハタの使用は不可ですが、三文判程度のものがあれば、問題なく使用することができます。手続き代行のため印鑑を預けるという場合も出てくるかもしれませんが、そのようなときは、銀行印や実印などの重要な印鑑は避けるようにしましょう。



世田谷区にお住まいの方々葬儀費用はどの程度かかるもの?



世田谷区にお住まいの方々に質問をします。葬儀の費用はどの程度かかるものでしょうか。残念ながら、お葬式は無料ではありません。そして、一般的に項目が多岐にわたり、なかなか総額を把握しづらいとも言えます。ちょっと余裕のある時に、お金も問題もしっかり把握して、どのようなプランを選択すれば良いかということも考えておくべきではないでしょうか。

まずは、葬儀費用の主だった項目を理解するということからスタートしてみましょう。 平均的な費用は、葬儀の形態、または地域の習慣などにより変わり、会葬の人数によっても大きく変動します。その中には一式の費用にプラスして、飲食接待費や寺院費用などが含まれてきます。

以前依頼した時にセット料金でお願いしたのに、今回は追加費用がかかったというトラブルも起こることがあります。そのようなことが起こる率が非常に高い理由は、一式いくらと表記してあるものの、業者によって含まれるセット内容が違うためです。例えば一式と書かれてあるにも関わらず、 受付備品や枕飾りという必ず必要となるものに対して、追加料金にしているパターンも見かけることがあります。このあたりの問題では業者が悪いということでもなく、あらかじめ世田谷区にお住まいの方々もしっかりチェックできる目を持つことが必要です。



世田谷区エリアでは葬儀のお布施の支払いはどの程度?



まだまだ葬儀には分かりづらい問題が色々とあります。お布施も、なかなか普段の世田谷区の生活の中では理解しがたいものの一つかもしれません。お布施とは、読経や戒名(法名)をいただいた際に必要になるものです。それは、故人の供養だけではなくて、日々のお勤めなどの営みすべてに対するお礼ということになりますので、お布施の料金という金額は決まっていません。そのため、分かりづらいという人達が多くいるのです。

「お気持ちで」という言い方をよくされますが、読経は1回あたりでおおよその相場が決まっています。葬儀によって回数が異なるので、それに応じた金額が必要となります。家族葬は読経4回、一日葬は読経2~3回、直葬は読経1回です。戒名は、亡くなった方がお墓に入るときにつけられる名前です。「信士」・「信女」・「居士」・「大姉」・「院号」と段々と位が高くなり、 高い院号をもらうと多額の費用がかかる場合もあります。それにプラスして、「御車代」「御膳料」を含んだ金額が、 お布施で支払いしなければならない相場と考えられるかもしれません。 最近では、戒名はいらないので読経のみ行ってほしいというケースも増えており、そのような場合は、戒名の分のお布施は必要なくなります。戒名がいらないというのは霊園や散骨の場合です。

また、「菩提寺」についてもおさえておきましょう。「菩提寺」というのは、自分の家のお墓があるお寺です。基本的に菩提寺の住職さんに、読経や戒名のお願いをしましょう。お布施は、地域、お寺、戒名(法名)、お寺との付き合い方などにより違ってくるので、菩提寺に直接確認しましょう。





相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。