東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 世田谷区で葬儀を行う際の葬儀社選びと注意点

世田谷区で葬儀を行う際の葬儀社選びと注意点


事前準備が大切



大事な家族や親族と最後のお別れの場となる葬儀ですが、いざ始めるとなると用意しなければならないことがたくさんあり、気持ちの整理もつかないまま、半ば流されるような形で準備が進められ、想像以上に費用をかけてしまったというケースも少なくないといいます。世田谷区をはじめとする東京23区は、公営の火葬場が少ないため、民間の火葬場を利用せざるを得ないことが多く、その分料金が高くなってしまうことが多いので、少しでも負担を減らすために、事前にある程度の準備を済ませておくことが大切です。

事前準備といっても、誰がいつ亡くなるかは分かるはずもないので、家族が年をとったり、知り合いの間で葬儀が行われたなど、何かきっかけがあったときに、どんな葬儀社があり、どのような手順で準備が行われるかなど、基本的な情報を集めておく程度でも構いません。事前にどういったプランにしておくべきか、頭の片隅に入れておく程度の準備だけでも、いざというときの行動の指針となり、より落ち着いて行動できるようになるでしょう。事前に親や親戚など、経験者に話を聞くのも良いかもしれません。

世田谷区周辺には葬儀社もいくつか見られますが、どこも色々なプランを用意しており、最後のお別れを少しでも良いものに使用とサポートしてくれます。一から十まで全て任せてしまったほうが、落ち着いてお別れができるかもしれませんが、やはりビジネスである以上、より高いプランやオプションを勧められる事も多いので、今後の生活も考えて、明確にこれ以上の予算は出せないという基準を用意しておくなど、最後のお別れだからこそ、後悔することの無い様、ある程度は自分で判断するように心がけましょう。



費用はどれだけかかるか



家族や親族が亡くなった時は、お葬式の準備を始めなければなりません。プラン内容によって必要となる費用は変わってきますが、世田谷区などの東京都内で利用できる火葬場は、公営のものが極端に少ないため、民間の火葬場や他の地域の火葬場を使わざるを得ないことが多く、余計に費用がかかることが多いといいます。そのため準備の際は、費用がどれだけかかりそうか慎重に調査し、用意できる予算内で準備を進めていかなければなりません。

準備を始める上でまず注意したいのが、火葬場を確保できるかという点です。公営の火葬場を押さえることができれば、それだけで費用の削減につながるので、予め利用する葬儀社は決めておいて、連絡先を控えておくなどの事前準備を済ませておいたほうが良いでしょう。最近は火葬場や斎場の不足も相まって予約することができず、遺体の保存に苦労したというケースも多いので、迅速な行動を心がけることが重要です。

費用を抑えるための方法としては、お葬式のスタイルを考えることも重要です。例えば家族葬は参列者を減らし、斎場も小さいところを借りることで、格段に費用を抑えることができると言われていますが、参列者の香典によって費用を補填できないので、場合によっては通常のお葬式よりも出費が大きくなることもあります。そうした可能性も考慮しつつ、どのプランが一番負担が少ないか、事前に概算を確認しておいたほうが良いでしょう。大事な家族や親族が亡くなった後、すぐにこうした準備をするのは少し心苦しいこともあるかもしれませんが、後々後悔しないためにも、気をしっかり持って行動するようにしましょう。



プランをチェック



お葬式の準備を始める際は、どのような内容にするかによって、希望する内容のお葬式を行ってくれる葬儀社を探す必要があります。世田谷区のように公営の火葬場や斎場が少ない地域だと、より多くの費用をかけなければならないことも多いので、少しでも経済的な負担を減らしたいという方は、通常のお葬式よりも規模が小さいものにしたり、プラン内容を精査して、カットできる部分を探していかなければなりません。プラン内容は公式サイトなどでも確認できるので、まずはどんなプランを選べるかチェックしてみましょう。

一般的なお葬式だと、亡くなった方に関係する方にお越しいただくために、広い斎場を確保し、祭壇などの会場設営や、料理や香典返しの準備など、やらなければならないことがたくさんありますが、最近はもっと規模が小さい家族葬を採用するご家庭も増えてきており、葬儀社でもそういった要望に応えられるよう、様々なプランを用意しています。更に祭壇の大きさや花輪のグレード、棺の種類などで細かく料金設定が行われているので、カットしても良いと思える部分はカットしていくことで、更に費用を抑えることができます。

経済的な理由で大規模なお葬式はできないという方もいるかもしれませんが、お葬式には亡くなった方のお別れと同時に、普段会うことのない親族や亡くなった方の関係者と会う機会を作る場でもあり、こうした席をきっかけに、今まで途切れていた関係が新たに作られることもあります。人と人とのつながりはやはり人生において重要なものなので、予算を理由に家族葬などの小規模なお葬式にするかどうかは、できる限り慎重に考えるようにしましょう。



相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。