東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > 世田谷区で葬儀をする際の業者の選び方は?

世田谷区で葬儀をする際の業者の選び方は?

葬儀の種類



一般葬とは遺族や親戚をはじめ、友人や会社関係者などを呼んで行う、標準的なお葬式です。お世話になった人たちに最期のお別れをしてもらうことができます。故人をともに偲ぶ機会があることで昔の友人やずっと会っていなかった知人と再会できるというメリットがあります。

一般葬のデメリットとしては、お世話になった方に対して家族が気遣いをしてしまうこと、参列者へのご挨拶やお礼で忙しくなり故人とのお別れをゆっくりできないこと、があります。

家族葬とは、個人と一緒に暮らしていた家族と近しい親類のみ、それに親しい友人が加わることもありますが、いずれにしろ故人とのつながりが非常に深い方を中心に行われるお葬式です。一般会葬者を呼ばずに、少人数で執り行います。参列者に気を使うことがないため遺族の負担が減り、故人とゆっくりお別れができるというメリットがありますが、事前にその趣旨を説明しておかないと後々問題となることがあります。一般葬に慣れている人にとっては家族葬は寂しく感じられるようです。家族葬に参加できなかった人から「亡くなったことを知らせてほしかった」と言われることもあります。

社葬とは、企業の発展に多大なる功績を残した人が亡くなった際に、企業が費用を負担して運営するお葬式のことをいいます。社葬は故人の供養とともに、会社の広報的な役割も担っています。企業が主体となって行うので、規模が大きくなり会葬者も多くなります。そのため、死亡直後には密葬を行い、1~2ヶ月後に本葬として社葬を行うことが一般的です。直葬とはお葬式をせず、火葬のみを行うことをいいます。経済的な事情がある方や、残された遺族に負担をかけたくない方が行うことが多いようです。直葬では火葬に立ち会うのは身内のみになりお葬式を行わないため、最期のお別れを言いたかった親族や友人に対しては理解をしてもらう必要があります。



葬儀の事前準備



最近のお葬式の傾向として、低予算化と、事前準備をすることがあげられます。お葬式を前もって準備することは、縁起が悪いので気が引ける人も多いかと思います。しかし、お葬式は家を建てるのと同様に事前にしっかりと計画をたてることが失敗しないコツです。何も準備をせずにお葬式をすることもできますが、実際に準備なしで時間的、精神的に余裕のない状況でお葬式のことを決めていくのは困難です。事前準備のメリットは、遺族や故人の要望をしっかりと時間をかけて把握できるということです。また、お葬式の費用を事前に見積もることで金銭トラブルを避けることができます。

後悔しないためには、生前から家族でお葬式についての希望を話し合うことが重要です。具体的には、お葬式の規模や種類、お葬式を行う場所、お葬式の内容、遺影写真などを決めておくと良いでしょう。生前から、亡くなったら誰に訃報の連絡をして、誰に参列してもらいたいかといったリストを作成しておきます。このようにすることによって、参列者の人数を把握できるので大人数のお葬式を依頼していたのに、半分しか参列者が来なかったなどということを避けることができます。

お葬式の内容については、最近では形式を気にせずに故人の遺志を尊重したお葬式が増えてきていますので、「自分の好きなお花を祭壇に飾りたい」、「思い出の写真を飾り、みんなに見てほしい」など内容でこだわりたいことがあれば事前に家族に伝えておくことが必要です。遺影写真については、亡くなった直後は忙しいため写真を選ぶ時間がなかなかとれません。遺影写真はお葬式の際に参列者全員が見るものなので、本人らしいものを生前に選んでおくことをおすすめします。



良い葬儀会社の選び方のポイント



世田谷区は、東京23区の南西部に位置する区です。世田谷区は都心に近く交通の便が良い地域として人口は増加傾向にあり、単身者を含めた小規模世帯が多いです。ここでは世田谷区でお葬式をする際の業者の選び方を紹介します。多くの方が病院で亡くなり、病院から業者を紹介されることもあるかと思います。しかし、病院が必ず良い業者を紹介してくれる保証はありませんし、相場を知っておかないと割高になってしまうこともあります。全国規模の業者から地元の小さい業者まで様々ですが、いろいろな業者について調べることをおすすめします。

資料請求は無料なので、家族で検討してみると良いでしょう。業者選びをする際にまず大切なことは、どのような葬儀をしたいのかを明確にすることです。お葬式の形態には一般葬、家族葬、社葬、生前葬など様々なものがあり、業者によって得意分野が異なります。また、わかりやすい明細の見積書を出して、詳しく説明してくれることも重要です。注意しなければならないのは、見積書を出してもらった後から追加料金が発生し、予算がオーバーする場合があるということです。業者の中には、あらかじめ追加料金をとらないプランを設定しているところもあります。

担当者に実際に会って確認すべきこととして、丁寧な応対をしてくれるかということがあります。こちらの質問に丁寧に答えてくれたり、まず担当者がこちらの希望を聞いて選択肢を示してくれるのは、良い業者といえます。信頼できない担当者に依頼するとトラブルの原因になるので、実際に会ってみることが重要です。




相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。