東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > わかりにくい葬儀の料金だからこそ納得がいくように

わかりにくい葬儀の料金だからこそ納得がいくように


失敗の許されない葬儀だからこそ



葬儀というものは、その形式上失敗が許されません。非日常的なものととらえてしまいがちですが準備を怠ってしまうと、これが実にわからないものとなってしまいます。葬儀社との打ち合わせをしても、おまかせにしてしまう人も少なくないでしょう。わからないからというのは、確かにあります。ですが、失敗も後悔もしないように、しっかり打ち合わせして行くことが重要です。

日常的には誰もが葬儀を意識していないので、知識はないといってもいいでしょう。それをカバーするのが葬儀社であるのは間違いありません。

葬儀というものは、とても繊細な儀式です。そのサービスに対して料金を支払うことになりますが、一般の買い物やサービスと同じではありません。生前までの遺志を継いだ上で、喪主となり得る家族は理解するまで話を聞き、必要なサービスを決めていくことが求められれます。

実際に料金やプランを見ても、わかりにくいことがあるでしょう。相場はどれぐらいなのかと考えたり、聞いたりすることもあるはずです。まずは、予算をはっきりさせることからスタートし、必要なものをピックアップして行くことが重要でしょう。そこから、予定の金額で収まるように打ち合わせを進めていきましょう。

参列者の人数の目安などは前例がなく人に聞くことも一般的ではないため、そういったよくわからないことがあるときには、葬儀社の従業員に相談しましょう。万が一の時になると時間はあまりないことがあります。納得できる葬儀場で行うことが重要です。



見積もりを取ることの重要性



費用ということでは、葬儀は数十万~百数十万以上と多額の費用がかかります。使われるものも日常では見るものではなかったりするでしょう。これを口頭で決めてしまうのは、結果として何もわからないことになるのですから、大きな問題となりかねません。知らないものばかりになれば、いったい何がどこに使われているのかもわからないからです。

そこで、見積もりが重要な意味を持ってきます。最終的に見積もりよりも高くなってしまうことも出てきますが、そうならないようにして行くことが重要でしょう。

葬儀費用ということで考えた場合、式場や通夜室の使用料や火葬費用、祭壇の料金に加えて備品や人件費を足した料金です。そのほかに発生することになる飲食代として通夜ぶるまいや精進落とし、宗教的な費用として読経代や戒名料、雑費として心づけなどに分けることができます。セットや基本コースとなっている場合、他に発生する費用は、含まれていないこともあります。逆に必要のないものや、今回合わないものが入っていることもあるため、内容を細かく確認することが大切です。近年、家族葬も増えてきていますから「身内だけでしたい」「費用を少なくしたい」などと明確に意思を伝えればそれに合った提案をしてもらえるでしょう。

また、葬儀の前に行うお通夜や葬儀の後に行う精進落としの場合、人数に変更が生じるため予算の調整が難しくなります。親族や関係者の人数の把握しておくことはもちろんですが、どの程度まで変更や追加ができるかを事前に聞いておきましょう。他にも、宗教(お寺)によってお布施の金額も異なります。親族に聞きにくい場合も、経験を重ねた葬儀社なら柔軟に対応してくれることも見込めます。



大きなものになるからこそ



費用として考えると、内容や地域によっても異なることを忘れてはいけません。かなり大きな差がつくときもあります。

一式の例として考える場合、120万円がひとつの目安になるでしょう。人数によって変わってきますが、飲食接待費用が30万円、宗教的な費用が45万円あたりがひとつの相場です。合計が195万円で心づけを含めて200万円を超えると考えられます。これだけの費用ですから、決して安くありません。見積もりの段階から料金ということを考え、取捨選択が重要になるでしょう。生前中に積み立てる、または貯金することが遺族への配慮にもつながりますので、今が健康であっても計画的にしておくことが必要です。

病院からの搬送があることも費用の1つであると考えておきましょう。病院からの搬送費は含まれておらず、10キロ単位で計算され大体12,000円~が基本と考えてもよいでしょう。

もっともわかりにくいのがお布施です。お心遣いでといわれても、いくら料金を考えればいいかわかりません。宗教によっていろいろと違いがありますが、読経料は5万円から15万円が目安でしょう。人数によって違いがありますが、一人増えることで3割程度料金が増えます。戒名料も必要ですが、全部まとめると全国平均で50万円程度といわれていますので、30万円から60万円になるとみておくといいでしょう。

葬儀にはいろいろとお金がかかります。すべてが一定ではありませんので、それぞれに当てはめて考えることが重要です。かなり大きな金額になってきますので、どんなものであっても、納得できるようにしていくといいでしょう。




相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。