東京 品川の葬儀・家族葬の富士典礼 TOP > コラム > お布施の相場と地域での違い、渡し方について

お布施の相場と地域での違い、渡し方について


お布施の相場



お布施というのは僧侶に対してお経を読んでもらったり、戒名を頂いたりしたことへの謝礼として金品を渡すことであり、本尊へお供えをするということで済ませるということもあります。お経を読んでもらった場合や戒名をつけた際に用意するということで、葬儀であったり法事であったりという場面で用意する必要があります。



読経や戒名への対価であると思っている人もいますが、そういうわけではありません。そのため、読経料や戒名料という感覚のものではないので、渡す際にはそういった名称を使わないようにしましょう。



多くの人はお布施というととても高いものであるというイメージを持っています。そういったイメージばかりつきまとい、きちんとした意味を知らない人も多いものです。そもそも「布施」というものは、仏教の六波羅蜜という修行の一つにあたります。煩悩を消し去って悟りの世界に到達するためには6つの徳目を実践する必要があるとされており、その中の一つがこの布施なのです。



基本的に行ってもらったことへの対価ではなく価値観で決めていくものであるため、人によって金額というのは異なって当然のことです。僧侶に直接いくら包めば良いかを聞くようなことは避け、わからない場合には親族や知り合いに聞いて相場を確認するようにしましょう。



とはいえ、お金のことであるために聞きにくいという人も多いものです。そこで参考にしたいのが相場価格です。お通夜、葬儀、告別式といったものに僧侶を読んで供養をしてもらった際には15万円から50万円が相場とされています。それに対して法要については祥月命日が5千円から1万円、四十九日や一周忌法要が3万円から5万円、それ以降の法要は1万円から5万円であると言われています。





お布施の地域差



お布施に相場があるといってもかなり幅があるために実際にどのくらい包めば良いのかと悩む人が多くいます。確かに、このように幅があると無難に多めに包むようにしようと思う人もいれば、逆に予算として多めに出すのは難しいためにもう少し具体的な金額が知りたいと思う人もいるものです。



この相場としての金額に大きな違いがあるのは地域によっての差があること、お寺によって違いがあることなどが理由としてあります。特に地域での差は大きくありますから、いくら包めば良いかに悩んだら地域格差を確認するようにしましょう。



地域によって物価の違いや葬儀の内容等の違いがあるためにかなり大きな違いがあります。もっとも相場が安くなっているのが北海道です。北海道は全国平均が45万円ほどであると言われているのに対して、相場が31万円であると言われています。一方で、もっとも高額となっているのが中部地方でも愛知・静岡・岐阜・長野・山梨であり、この地域では相場価格が60万円と言われています。およそ倍の違いがありますからかなり大きな差となります。



法要についても葬儀のように相場は地域によって異なります。しかし、こちらは一度にかかる費用が葬儀ほど高額ではないためにその分相場の地域差もそこまで大きくはありません。法要については法要の種類によっても異なりますが、基本的には4万円から6万円とされており、この中には読経料、お車代、御膳料といったものが含まれています。ただし、地域や家族の状況によっては初七日を葬儀と同時に終わらすこともありますし、四十九日とお墓や仏壇の開眼供養を一緒に行うようなこともあり、そのような場合には法要が重なるので費用が変わってきますから注意が必要です。





お布施の渡し方



お布施が必要となると、中に包む金額についての心配が多くそちらにばかり目が行きがちですが、渡し方についてもマナーやルールがありますから知識を身につけておく必要があります。正しい知識を身につけておかないと僧侶に対して失礼にあたる場合もありますから注意しましょう。



まず、渡す際の入れ物について気をつける必要があります。葬儀であったり法要であったりという場面で渡すために不祝儀袋を用意する人がいますがこれは間違いです。半紙に包むか白封筒に入れて渡しますし、その際には水引はかけないことを覚えておきましょう。また、薄墨ではなく普通の黒墨で問題ないので、表書きには黒墨や一般的な筆ペンを用いて問題ありません。



奉書紙で渡す場合には、最初に1枚の半紙で包んで中包みを用意したり、中封筒に入れたりした後で奉書紙と言われる上包みに包んで用意します。上包みは慶事の包み方と同じで上側の折り返しを下側にします。弔辞の折り方にする人がいますが、あくまでも不祝儀ではないのでその必要はありません。



また、封筒や半紙には何も表書きをしなくても良いですし、表書きをする際には「御布施」と書くようにします。市販の封筒の場合にはすでに印刷がされている場合もありますのでそういったものはそのまま使用して、封筒の裏面に住所や金額のみ記載すれば問題ありません。



金額を記載する際には漢数字は旧字体で記載するのが丁寧なマナーであると考えられています。また、お札を入れる際にはお札に印刷されている人物が手前に来るようにして入れるようにします。








相談無料 お電話でのご相談だけでも大丈夫です【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯から通話無料
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
PageTop

【24時間年中無休】緊急対応いたします【フリーダイヤル】0120-49-2210 24時間年中無休 携帯からも通話無料もしもの時、不安な時は、すぐにご連絡下さい。

詳しい流れ
  • お見積もり請求(資料付き)
  • 資料請求
  • メールで相談
  • 一般葬108万円~
  • 家族葬75.6万円~
  • 社葬・合同葬324万円~
  • 火葬のみ24.8万円~
安心を持ち歩きましょう
カメラで読み込むだけで富士典礼の電話番号やメールアドレスを簡単に登録できます。